ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

help RSS オーバーホールのタイミング リアショック編

<<   作成日時 : 2008/09/12 12:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

今週末の王滝を楽しみにしている方も多いと思います。
台風の接近によって天気が怪しくなってきましたが、堂々と泥んこ遊びができるのもMTBの醍醐味です。
自分との戦い、頑張ることも楽しみのひとつ。大いに楽しんできてください。

今日はオーバーホールのタイミングについてのお話。
年間スケジュールをチェックして一番結果が欲しいレースを決めたら、

その2週間から一ヶ月前がフルオーバーホールの一番いいタイミング。

摺動部のOリングなどは全て交換します。そのためオーバーホールの度に数時間の慣らしが必要となります。
(使用頻度が低ければ、毎年のオーバーホールは必要ありません。
またエアスリーブメンテナンスに関しては使用頻度に応じて行ってください。)

ショックユニットは動いている限り必ずエア噛みを起こします。
これは自動車でも、モーターサイクルでも変わりません。
直接エア噛みの感じはしなくても、ダンパーオイルに空気が混入していると余分な動きが増えてしまいます。
エア噛みが酷い状態であれば、折角プロペダル機能がついていても無駄になってします。
また2003年以前のモデルですと、エア噛みによる影響が(走行タイムに対して)更に大きくなります。
いずれにせよ、タイムを重視される方ならば無視することができないレベルになります。

余談:
高圧洗浄機は便利ですが、どこのメーカーであってもフロントフォークには大敵です。
ダストシールとオイルシールの間に砂や土がたまってしまっているフォークを山ほど見てきました。
(FOXを始める前は様々なメーカーのフロントフォークをオーバーホールしていました。)
洗浄機の水を直接ダストシールに当てないようにしてください。

なんとか天気がもちますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今年の王滝は、もちろん"TURNER"。
それだけで、とっても楽しみです。
昨年も雨だったけど、条件が悪くなれば、
ますますFLUX有利!って、勝手に喜んでます。
さて、どんな走りになりますやら。
結果はまたブログで、グダグダと書きますね。
それでは、行ってきます。
たけきよ
2008/09/12 22:36
たけきよさん、こんにちは。
“いってらっしゃい。”
もう皆さん到着してるころかな。

>グダグダ
そんなもんです。人間らしくて好きですよ。(笑
楽しんだもん勝ち。ご報告楽しみにしてます。
がんばれ、みんな!
大島
2008/09/13 17:46
アメリカで購入してきましたfoxのフォークはmom&pops様でオーバーホールなどのメンテナンスをしていただけるのでしょうか?
宜しくお願いします。
atsu
2008/09/15 22:50
atsuさん、こんにちは。
通常通り販売店さんを通していただければ、サービスを行っています。
大島
2008/09/16 08:56
天気最高、サスの調子も良し、パンク無し、チェーンジャム一度。
後はタイムオーバー一つを残して過去で一番楽しい王滝でしたよ。
走り終わった後のRP23ボディの汚れ方がこの一つ前の記事とそっくりで
千円札3枚が頭に浮かびましたが洗車すれば消えるでしょう(笑

救助ヘリで搬送された怪我人が出たというのが残念でしたが
集中して気を付けて走れば危ないコース状況でなかったのは確かです。
ふるさと
2008/09/16 22:56
ふるさとさん、こんにちは。
お疲れさまでした。7時間の壁?(笑
前回よりもタイムが上がっているのなら進歩です。

怪我をされた方、一日も早い回復を願っています。
大島
2008/09/17 09:03
大島さん、こんばんは。
>7時間の壁?
私はもっとレベルが低いところで自分をいじめて
楽しんでるただのM、もといただのMTBライダーです。
6月に続いて登りは2、下りはOPENでばっちりでした。
ふるさと
2008/09/17 19:38
ふるさとさん、こんにちは。
M系MTBライダーだったのですね。(笑
やはりOPENと2ですよね。

他にも連絡を戴いた方がいらっしゃいますので、
明日はこの王滝ネタで行かせて戴きます。
大島
2008/09/17 19:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーバーホールのタイミング リアショック編 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ