ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

help RSS フロントサスペンション、オーバーホールの目安

<<   作成日時 : 2009/01/20 19:08   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 15

これはコメント欄で「いつかお題で取り上げてください」とお願いされた課題。
これが難しい。どのタイミングがお客様に対して一番メリットがあるのかを考えていました。

オーバーホールや修理を十年近く行っていると、いろいろな傾向が見えてきます。
リピーターになっていただいた方で三度はやっている方も少なからずいらっしゃいます。
新しい年式のモデルでオーバーホールを依頼される方のフロントフォークは、ほとんどの場合「もう少し使えるのに」っていう感じで、古いモデルで「通常使用で問題なし」とオーバーホールを依頼される方のフロントフォークは、ほとんどの場合が“修理”が必要なのが実情。

トータルの使用時間で管理するのが一番正確に感じるのですが、これも条件によって変わってきます。
「真夏におろして一日中使用。その後転勤でしばらくMTBお休み」なんてことも珍しくはありません。
また使用時間を積算していくことなんて、高機能なデジタル式のスピードメーターを装着している車両だけが可能なことだと思います。

では一応の目安を。

Vanilla系のお客様、一年に一度はオーバーホールを。
(目一杯、使用されるハードコアなユーザーさんが多いようです。)

F及びFLOAT系のお客様、エアもれが酷くなったらオーバーホールを。

TALAS系のお客様、トラベル調整が怪しくなったり、エア漏れが酷くなったりしたときにオーバーホールを。


ダンパーサイド、オーバーホールの目安となる現象としては

コンプレッション、リバウンド、ロックアウトのいずれかの機能が、弱くなってきた感じがする場合。

ダストシールからのオイル滲みが酷くなってきた場合。

36や40のFITカートリッジシステムは初期のリバウンド側減衰が怪しくなってきた場合や、リバウンドを遅くすると「グジュ」系のエア噛み音がするようになった場合。

また全てのフォーク、高圧洗浄機で思いっきりダストシールに水をかけて洗った場合はボトムケース内のオイル交換をお勧めします。


修理の場合は問題が発生したときにタイムリーに行ってください。
「おかしいな?」と思いながら、そのまま使用されていると弊社から悲しいお知らせをしなければならなくなる可能性が高くなります。

TALASのシステム、36と40のカートリッジのオイル交換、カートリッジの内部分解以外の作業は比較的簡単に行うことができます。オイル交換程度はご自身で一度経験されておくこともいいことかもしれません。
ただしオイルの廃棄処理は適切に行ってください。


オーバーホールと修理、本日到着分が8件。到着予定日に来ていない分が4件。
その4件のうちの一件は7つ!同送だそうです・・・。(失踪したい・・・。)
でも今までの最高同送数は多分8つだと記憶しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
大島さんこんばんは。

リクエストに答えて頂きありがとう御座います。
自分がオーバーホールに出したタイミングが正しかったのかを知りたい事もあったのですが、基準みたいな症状があればお聞きしたかったので・・・
勉強になりました。

失踪はしないでください。
本当に困ります。(笑!
T.M
2009/01/20 19:42
T.Mさん、こんばんは。
難しいですよね。
思いついたら書き足すようにしておきます。

なるようになります。(笑)
帰って来るのが嫌になると思うので止めておきます。(爆)
大島
2009/01/20 20:26
先週か今週に、私のFLOAT-RCがお邪魔していると思います。
失踪されるとジキルには一生乗れないことになりますので、どうか踏みとどまってください(笑)。
シーズー
2009/01/20 20:31
シーズーさん、こんばんは。
先週分ならば、昨日の時点で全てご返送できています。
本日到着分ではジキル用のRCはありませんでした。
明日到着かもしれません。
大島
2009/01/20 20:38
こんばんは。ここで言う「オーバーホール」とはシール交換のことを指すのでしょうか。
個人的な感覚でいうと、ダンパー側まで開ける必要があるのがオーバーホールで、シール交換程度なら販売店や個人で実施できることになっているので、エア漏れでオーバーホール? という気もします。
お店の方も、シール交換しただけで直らなかったら困るので、ついつい安易に「オーバーホール」と書いて送ってしまうのかもしれませんね。
YM
2009/01/22 00:26
YMさん、こんにちは。
私もこの文章の中では2通りの意味で使ってしまっていますね。
とりあえずこの文章の中ではダストシールとメインエアピストンシールの交換までを含んだ作業とお考えください。ボトムケースからカートリッジが離れた状態になる。これをこの文章の中の“オーバーホール”としてください。トップキャップをあけてオイルを抜いただけの“オイル交換”以下の作業でオーバーホールという店があることは把握しています。私はオイルを抜くためにカートリッジを分解していますが・・・。ちゃんと言葉の意味を定義しないとだめですね。ありがとうございます。
大島
2009/01/22 09:33
大島さんこんばんは。
自分ででOHして失敗した事で質問があります。
エア漏れが全然無いので交換する必要が無いのですが
やってみたくて08'F100のメインシールを交換しました。
交換後、山を降りている途中でダストワイパーがせり上がって来ました。
家に戻り又メインシールを換えて組み直し、50cmの
ドロップオフを5回程繰り返すと又上がって来た…
二回目のときにインナーチューブ内と曲がりなどを確認
して問題がなかったので、組んだ時の事を思い出して
怪しいと感じたのがメインピストンをインナーチューブに
先に入れてからアウターレッグに組み付けた事です。
blog内を読んでみた所インナーをアウターに入れて縮んだ
状態で上から入れると書いてありました。
私のやった方法だとピストンが傾いて入っていた可能性が
あったのでしょうか?
他に注意する点等があれば教えて頂けると助かります。
後一回バラして駄目ならshopに駆け込みます。
悩める子羊に光を!
voo
2009/01/25 23:15
vooさん、こんにちは。
出荷時に点検していますのでシール不良はないと思います。
F80/100、F120とFLOATではシールが異なります。
結論からいいますとメインシールを交換してみてください。
ピストンは上から入れますがその際にトップキャップのネジ部を通過します。そのネジ部をきれいなウエスで乾拭き、その後フロートフルードを塗布してください。(私はこのネジ部をスルーさせる専用工具を使用しています。)またシールをピストンシャフトに取り付ける際にピストンのシールホルダー部を必ず清潔にしておくことが重要です。またメインシールを取り付ける際にには必ず全ての面にフロートフルードを塗布しておいてください。
これでいけるはずです。
大島
2009/01/26 09:26
大島さん詳しく有難うございます。
家に帰ってからシールの裏のNoを確認してみます。
交換時に見たときに違ってたのですが店で渡されたものだし
LotNoだろうと思い其のまま付けました。
同じ32でもF80/100、F120とFLOATでシールが違うとは
考えませんでした。目から鱗です。

voo
2009/01/26 15:49
手元のシールを確認してみました。
サスに付いていた物
NOK Y 2207 2827 3.8 1.3 038-01-010
一回目に交換した物
NOK Y 2141 2781 3.8 1.4 038-01-018
二回目に交換した物
未だフォークに付けてますが下の二個と一緒に買いました
NOK Y 2207 2827 3.8 1.1 038-01-010
NOK Y 2207 2827 3.8 1.4 038-01-010

一回目に交換した物は他の三つと外径が違いました。
voo
2009/01/26 19:16
vooさん、こんにちは。
正確には036です。
F120は036-01-018を使用します。
F100は036-01-010を使用してください。
出荷時にはこのお話をするようにしているのですが・・・。
お手数をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。
大島
2009/01/26 19:23
大島さん重ね重ねありがとうございます。
036でしたか。教えて頂いた事に注意してtryしてみます。
本当に有難うございました。
voo
2009/01/26 22:29
vooさん、こんにちは。
多分大丈夫だと思います。
一気に入れるのではなく、一番負担が掛からないようにゆっくり。
どういたしまして。
大島
2009/01/27 17:44
大島さんこんばんは。
結果報告です。結論から言うとうまくいきました。
ですが、原因はメインシールを取る時に樹脂製のピストンに付けた傷だったみたいです。
いやーお恥ずかしい。
このまま漏れが無いなら交換しなくても良いかなと考えています。
自分でメンテする醍醐味の一端を味わいました。
voo
2009/02/27 00:05
vooさん、こんにちは。
>樹脂製のピストンに付けた傷
あらら・・・。慣れれば指で外せますよ。
内圧が低下しないのなら、そのまま使用できます。
結構、大変でしょ?(笑)
大島
2009/02/27 21:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
フロントサスペンション、オーバーホールの目安 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ