ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS バーベル(BAR BELL)、アゲイン

<<   作成日時 : 2014/11/25 21:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

大島さんの感覚でベルの音を文字で表すとどんな感じでしょうか?(原文まま)

先日ご紹介したバーベルの音を表現する、まるで大喜利のようです。

加齢ともに高い周波数帯が聞こえ難くなります。私の年齢になると、かなり耳の老化が進んでいるため、高い周波数帯(12500Hz以上)は聞こえていないと思います。かろうじてモスキート音が聞こえる感じ。

30代あたりから有毛細胞の破壊や摩耗の進行スピードが速くなり、騒音や大きな音での音楽鑑賞など環境からの影響も受けるようです。ご存じの方も多いと思いますが、店舗や施設の入り口などで若い人が屯(たむろ)しないよう若い人だけに聞こえる高周波を流しているところもあります。

電話でその音を伝えてみたら?
固定電話や一般的な携帯電話は高い周波数帯がカットされるため、本当の音を伝えることができません。300〜3400Hzの周波数(音声周波数)が常用域であるため、4500Hzあたりの鈴虫の声などは電話を通して聴くと無音状態になります。普通のボイスレコーダーでも録音できないようです。電話では本当のベルの音を伝えることはできません。

悲観することはありません。人間、良くできたもので聞こえなくなる音は確かにあるのですが、聞こえている部分の情報量は増えるようです。例えば、マイケル・ジャクソンの“BEAT IT”のイントロ、最初の音がクレッシェンド(<)とデクレッシェンド(>)で構成されていると感じる方は私のお仲間です。若い方は高い周波数帯の音に神経が集中するため違った印象になるはずです。

さて私の感覚でベルの音をお伝えします。
薄い金属を鳴らす音。立ち上がりから収束までが短い澄み切った高音。
ふくらみはありませんが、少し甘い香りの音がします。
決して嫌な種類の音ではありません。




余談: 
88鍵のピアノの最低音はラで27.5Hz、最高音はドで4186Hz。
*それぞれのHzは理論値: 実際には下が低め、上が高めに調律され、理論値よりもワイドになります。

「眠れる森の美女」チャイコフスキー作曲 ラフマニノフによるピアノ連弾編曲から〈ワルツ〉の演奏

携帯電話(300〜3400Hzの周波数)で音を拾い、離れた場所で受信しても完全な演奏を伝えることはできません。

ピアノの場合、低音部は3オクターブめのレの音あたりまでカットされ、高音部は最後のラから上の音は聞こえません。わかりやすくお話すると、低音は左端からほぼ中央のあたりまで、右側は最後の4鍵分が聞こえないことになります。(iPhone4Sにて実験済み。)

しかし愛と若さとがあれば補完は可能。(でも左側奏者である公生の演奏は、ほとんど聞こえていないはずw)
病室で携帯?なんて野暮もいけません。

四月は君の嘘(コミック版)、ストーリーは秀逸。
コミックでクラシック?日本人ならではの想像力と妄想力が試されます。
アニメも悪くありません。
妙な話かも知れませんが、知った顔の俳優さんが演じるよりもアニメの方がリアリティが…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
四月は君の嘘、ノイタミナで知ったクチです。
深夜に何とも言えない甘酸っぱい気持ちになります…
コミック、是非読んでみたいです。
さる
2014/11/26 12:45
さるさん、こんにちは。

戻ることのできない季節ですから…。
是非コミックも。
2クール終わった後に読むのもいいかもしれません。
コメント、ありがとうございました。
大島
2014/11/26 19:27
新川直司の前作『さよならフットボール』は、躍動感溢れる描写と、登場人物の心理描写に惹かれる良作です。
溶接屋
2014/11/27 01:43
大島さん、「擬音で」と書けば良かったです。
お手数をお掛けしましたが内容は面白かったです。

P.S.老化、分かってはいますが「ハイレゾ対応」のカナル型
ヘッドホンの限定品を手に入れちゃいました(笑)。〜40kHz!
ぷるさと
2014/11/27 17:34
溶接屋さん、こんにちは。

ご教授、ありがとうございます。
廃版になっているようなので、古本を買いに行きたいと思います!
大島
2014/11/27 19:54
ぷるさとさん、こんにちは。

キーンでも、チーンでもない音ですよ。
擬音祭(笑)になりそうなのでやめておきますね。

なんか良さげなヘッドホン!
日本の住宅事情から考えるとベストな選択なんですよね。
老婆心ながら、音は控えめにした方が老化しにくいそうですん。
大島
2014/11/27 19:59
こんばんは。
古本屋へ行かれるのでしたら、さそうあきら作『神童』もお探しする事をお薦めします。
ピアニスト漫画ですが、また違った趣、実写映画にもなりました♪
溶接屋
2014/11/28 21:58
溶接屋さん、こんにちは。

ありがとうございます!
電子書籍化されているようなので見つからなかった時は尼でダウンロードしてきます。本日、MANDARAKEに行ってきます。
大島
2014/12/01 18:22
バーベル(BAR BELL)、アゲイン ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる