ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 恋をしよう!

<<   作成日時 : 2015/03/17 20:53   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ホイールが4穴ですから、1966-1967年製のカルマン・ギア。


画像
奥にあるオレンジ色の車はデ・トマソ・パンテーラ。

共通項はカロッツェリア・ギアでデザインされた車であるということ。
あのジョルジェット・ジウジアーロがいた工房なんです。
デ・トマソ・パンテーラのデザインはトム・チャーダ。ギアの前にはピニンファリナにいました。1963年のコルベットも彼の手によるものです。

おじいさんが経営するこの修理屋さん、めっちゃマニアックなんです。
ギア系のデザイナーさんの車を修理することが実益を兼ねた趣味。
先週までは2台のフェラーリ(多分、365 GT カリフォルニア、これもピニンファリナ時代のトムの作品)が修理に来ていたそうです。
やはりカロッツェリア・ギアでデザインされた、いすず 117クーペなんかも修理しちゃうかもしれません。

おじいさん、恋しちゃっているんです。この二人のデザイナーさんに。
レストア待ちのカルマンギアは、おじいさんの車。ギアに恋をしているから手に入れたようです。

そんな購入の動機って素敵じゃありません?
好きだから楽しく仕事ができる。恋をしているから頑張ることができる。恋する対象は人間だけじゃないんです。


画像
恋してみて下さいな、MONDARAKERに。 (かなり強引)


カルマンギア、ずっとレストア待ちなんだろうな、きっと。
おじいさんの店、FOX本社のすぐ近くです。
サンタクルーズ(スコッツ・バレー)には、こうしたマニアックなお店が一杯あります。

おじいさん、ちゃっかりしてますから、ご近所のスーパー(セイフウェイ)のレシート裏に一般修理の広告出してます。


この続き、FACEBOOKにあります。
https://www.facebook.com/mamapapamtb

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
恋をしよう! ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる