ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『連続したリズムで走るな』

<<   作成日時 : 2015/07/31 20:57   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

理由は簡単。何らかの理由でコースの途中で止まってしまうと、そこからのリズムは経験したことのないものになってしまうため。練習で休符が入った走りはしていないと思いますし、少なくとも元のリズムに戻すことは同じテンポ(速度)になるまでは無理なのです。転倒すれば精神的に焦りますし心拍数も変化します。同じリズムの再現は不可能であると考えてください。

ではどうやって走ればいいのか?
人間は進化するため、楽をすることを潜在的に絶えず考えている生き物。リズムで走るということは頭を使わないで済むことを意味します。練習時には視覚から得た情報を、脳内で言語化し処理することを意識してください。これは脳の処理速度を向上させ、正しい反応を導き出すための訓練です。コースの変化に対応するためには頭を使わなければなりません。
体の動きが遅くなってしまうことを危惧されると思いますが、体をサスペンションとして使い続けている状態であれば、予備動作が不要になり、対処するまでの時間は短縮されます。
リズムではなく、視覚情報を脳内で処理しながら走ってください。

BMXでは一つのミスが致命傷になりますが、MTBのDHには少しくらいのミスはつきもの。
ミスしたからといって焦る必要はありません。スティ・クールで正しい反応を。

あくまでも以上のことは速く走るためのもの。趣味として楽しんでいる際にはリズムで走って頂いても全く問題はありませんし、無心で走ること(楽しいですよね。)も日常のストレス解消には必要です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)
『連続したリズムで走るな』 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる