ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS サグの重要性について(続)

<<   作成日時 : 2015/08/20 19:21   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 16

サグが正しく設定できれば、バランスよく前後が動くようになります。
ライダーとバイクとの重心点が正しく設定されますから、頭の位置を一定に保ちやすくなります。
その結果、視線が安定し、高速コーナーなどでの恐怖心が緩和されます。

エリート上位の選手でも恐怖感を持って走っています。
『恐怖心』、無くなってしまったら、命がいくつあっても足りません。
上手に『恐怖心』と付き合いながら、月曜日に無事に会社や学校に行くことができる走りを。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
大島さん
いつもお世話になっております。

今回、購入を致しました「34FLOAT・FLOAT DPS」と「TALAS」の空気圧についてですが教えていただけますでしょうか。

昨日、サスを交換していつもの山に走りに行ったのですが、サグ出しをする時にFサス(150mm):55psi/Rサス(5.1mm):160psi(体重65kg前後)で25%のサグが取れました。
32TALAS(140-110)(クロモリHTに装着)においても、指定空気圧よりも低い状態でサグが取れている状況になっております。

購入時に同封されております冊子(34FLOAT)には20%までしか出ておりませんが、25〜30%の取る時に空気圧が指定空気圧よりも低くても大丈夫なのでしょうか?
大丈夫であれば、最低空気圧も教えて頂ければと思います。

両方共に実走してみたいところ、底付きした感じもなく、ストロークも30〜40mm程度余裕のあるような状況ではありました。
あかさ
2015/12/30 17:32
あかささん、こんにちは。

2015 32TALAS27.5 140CTD ADJ 21o−28o (MAX 20%)
2016 34FLOAT27.5 150 3POS ADJ 23o−30o (MAX 20%)
2016 FLOAT DPS 3 POS ADJ EVOL LV 7.5-2.0 13o−15o (MAX 30%)

サグの最大値をフロントは20%にしてください。25-30%は低すぎます。
ダンパーへの負荷が過剰になります。(ダンパーの設計が異なっていますから、サグの値はモデルイヤーによって変化します。)
底付きが基準ではなく、減衰とのバランスを加味した全体の動きが重要となります。
最低値はマニュアルにある、最低設定値となります。
大島
2015/12/30 20:03
大島さん
年末の忙しい中、
回答して頂きまして、ありがとうございます。

危うくやってしまうとこでした…。
15-20%のサグが取れていれば良いという事ですね。
1/3に走り始めをする予定なので、再度調整をするように致します。
本当に早い回答をして頂きましてありがとうござました。

今回、サスを前後交換して、以前のサスよりも安定をして走れるようになりました。
なので、再度サグ出しをする事で、もっと走りにやすくなる事に期待しております。



あかさ
2015/12/31 00:19
あかささん、こんにちは。

こちらこそ、ありがとうございます。
正規のサグ、調子いいですよ。
1/3、待ち遠しいですよね。

今後とも宜しくお願い致します。
大島
2015/12/31 19:56
大島さん
お世話になっております。

本日、走りに行った来ました。
サグをFサス:20%(30mm/65psi)/Rサス:25%(13mm/170psi)で取るようにを致しました。
(FOX – Mountain Bike Suspension SAG Setup 101を参考にしております。)
3回ほど同じところを走ったのですが、Fサスが石などを踏むと跳ねる感じがあり、何度かハンドルを取られそうになりました。
このような状況が起こるような時は、サグを取る時にはどの荷重状態で取るのが良いのでしょうか?
それとも、前荷重の状態にして走る方が良いのでしょうか?
(PIKEで走る時は前荷重気味で走っています。)

ブログには、サグが取れていれば、サドルに座ったままでも大丈夫というような事が書いてあったと思いますが…。
サグの良い状態が出せなくて思案しております。

何か良い方法があれば、教えて頂ければと思います。
あかさ
2016/01/03 22:49
あかささん、こんにちは。

34FLOATとDPSの組み合わせですよね?
であるのならば体重が60‐65kgの間のライダーさんだと推測致します。
フロントで調整できるのは空気室設定とリバウンド。まず一つスペーサーを抜いてみてください。(空気を抜いてからトップキャップを緩めてください。)
その後にリバウンド調整を行います。現在の設定をお教えください。

目一杯走るのなら、サグだししても中腰でないと追いつかないと思います。また感覚ではなく、タイムも測定してください。以前よりも速く走れているのなら、設定も変わってくると思います。
大島
2016/01/04 14:31
大島さん
早々に回答して頂きましてありがとうございます。
そうです。
34FLOATとDPSの組み合わせです。

出荷状態でスペーサーが1個入った状態なのですね。
体重はご推察の通り60-63kgを行ったり来たりしております。
体重の軽い?と出荷状態では難しいのですね。

タイムですが、跳ねる事もあり不安要素もありますが、タイムでは以前よりも早くなっております。

現在の設定は、
Fサス《サグ:25mm(65psi/16.7%)/3-POSITION LEVER:OPEN/リバウンド:8クリック(closedから)/OPEN MODE ADJUST:14クリック(closedから)》
Rサス《サグ:15mm(170psi/30%)/3-POSITION LEVER:OPEN/リバウンド:8クリック(closedから)/OPEN MODE ADJUST:2
姿勢は中腰で、フロントが跳ねる時があるので、後荷重気味にしています。
あかさ
2016/01/04 16:13
あかささん、こんにちは。

スペーサー、もう少し入っています。
体重が軽いだけではなく、ハードテイルやフルサスなどの環境の違いによって設定を変更する必要があります。

動画、拝見いたしました。
リバウンド設定が前後ともに強すぎるような気がします。
車体が沈み気味で突き上げ感があるようですので弱くしてください。これが主原因であると考えます。上の設定と合わせれば、もっと速く快適に走行できるはずです。
大島
2016/01/04 19:08
大島さん
ありがとうございます。


なるほど、リバウンド時の突き上げですか…。

次回、走りに行く時(早ければ1/10か遅くとも1/31予定)までにスペーサー抜き。
走りに行った時に、再度サグ出し&リバウンド調整(現状よりも弱め)に設定をして走ってみます。

大変勉強になりました。
本当にありがとうございました。
あかさ
2016/01/04 19:47
あかささん、こんにちは。

後半のハイスピード区間で顕著に表れています。

スペーサーを抜いて初期の動き出しを軽くします。リバウンドを弱めることで路面追従性を改善するわけです。
大島
2016/01/05 09:55
1点ご質問がございます。

現在使用しているのが2015Fox Float CTD Evolution w/ 15mm thru-axle, OverDrive steerer, 140mm travelです。サグ調整する際、CTDのどのモードで調整すれば宜しいのでしょうか?トレイルを下る際は基本Dなので、Dで調整しています。
ミヤタ
2016/01/10 20:37
大島さん
いつもお世話になっております。

本日も走って来ました。
教えて頂きましたようにスペーサーを抜いてみました。
1走目はスペーサーを1個抜いて走ってみました。
まだ硬い感じがありましたので、2走目以降はスペーサーを2個抜いて走ってみました。
かなり柔らかくなってスムーズな感じでしたが、走ってみるとまだ突き上げ感が残っている感じでした。
タイム的には、短縮は出来ているのですが、ある程度の突き上げ感は仕方ないのでしょうか?

お忙しいとは思いますが、何かアドバイス的な事を頂ければと思います。
よろしくお願い致します。


本日の設定は、
Fサス《サグ:30mm(60psi/20%)/3-POSITION LEVER:OPEN/リバウンド:3クリック(OPENから)/OPEN MODE ADJUST:0クリック(OPENから)》
Rサス《サグ:15mm(170psi/30%)/3-POSITION LEVER:OPEN/リバウンド:3クリック(OPENから)/OPEN MODE ADJUST:2

あかさ
2016/01/11 21:12
ミヤタさん、こんにちは。

コンプレッションで調整しているのは沈み込むまでの時間であり、量ではありません。なので時間をかければどのポジションも同じところまで沈み込みます。手っ取り早く正確に行いたいのなら、Dでの調整で間違いありません。
大島
2016/01/12 23:33
あかささん、こんにちは。

動画、拝見いたしました。
大丈夫なレベルまでセッティングが出せたと思います。あとは今日のお題でお返事しておきました。もう卒業証書をお渡しできるレベルかと。
大島
2016/01/12 23:36
大島さん
回答して頂きまして、ありがとうございます。

お題を読ませて頂きました。
早く楽しく走れるポイントを見つけて、ケガをしないようにしていきたいと思います。

何度もお手を煩わせて、申し訳ありませんでした。
大変勉強になりました。

今後も何かありましたら、その時はよろしくお願い致します。
あかさ
2016/01/13 00:19
あかささん、こんにちは。

リバウンドを弱くしていく方向になると思います。するとコンプレッションが欲しくなり…。弱くなったリバウンドでコーナーで滑られない乗り方を模索するといった正しい迷路に迷い込むはずです。
またアドバイスが必要になったら、いつでもどうぞ。
今後とも宜しくお願い致します。
大島
2016/01/13 19:12
サグの重要性について(続) ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる