ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 35mmのカーボンハンドルバー

<<   作成日時 : 2015/11/27 21:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
カーボン35mm径ハンドルバーのソリッド感、悪くありません。
特にトレイルライドでのサスペンションの動きがわかりやすくなる印象を受けました。バイクに任せて走る私のようなライダーには最適なフォーマット。以前よりもレバー類のレイアウトに苦労することもなくなってきています。
ハイドロフォーミングのアルミ材よりも、肉厚を自由に設定できるカーボン材の方が35mmには向いているような気がします。

アルミの場合、ストレートなチューブをハイドロフォーミングで成形した場合、大きく膨らんだ箇所が薄くなり、元の形状を保った部分は肉厚になります。パイプに予めバテットを設けておいて完成時の肉厚をコントロールするのですが、コストの問題が発生するため価格が上昇します。高価になるのならば、振動減衰の速さに優れる炭素繊維強化プラスチック(通称:カーボン)を使わない手はありません。

私もカーボン製ロードバイクを持っていますが、『カーボンの衝撃吸収性』という言葉に違和感を覚えます。
吸収という言葉を使ってしまうと、初心者の方に「まるで空飛ぶじゅうたんに乗っているようなイメージ」で伝わってしまうような気がして。(笑)
衝撃や振動は感じます。アルミやクロモリよりも振動の収束が早いため、衝撃の角が丸く感じられたり、疲れにくかったりするという方が正しい表現なのでは?と考えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
35mmのカーボンハンドルバー ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる