ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS リアショックのリバウンド調整 追補

<<   作成日時 : 2015/11/30 21:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
完成車メーカーへ供給されるリアショックは、それぞれのモデルに合わせたコンプレッションやリバウンドにチューニングされています。

以前から大きなサイズのフレームに対してはコンプレッションやリバウンドが強化されたユニットが存在していましたが、現在では同じメーカーであってもモデルが違うとコンプレッション設定もリバウンド設定も異なっていることは珍しくありません。近年、リンクの特性に合わせて大き目のサグが主流になってきたため、リバウンドの設定が弱めになってきています。(仕事=力×距離の関係にあてはめてください。サグ=距離 力=リバウンド設定値)

コイル・スプリングと比較してエア・スプリングは反発力が弱い為、リバウンドは弱めの設定になります。(同じように見えるDHX2とFLOAT X2のリバウンドシステムなのですが、ハイスピード側の設定は異なっています。)

FOX製エアスプリング・ショックの場合、数年前から使うことのない強いリバウンド設定のレンジを切り捨てるようになり、最強に設定してストロークさせても戻ることができるようになってきています。
更にリバウンドの内部設定が弱いエアサスの場合、最弱と最強のレンジが狭くなるため、1クリックあたりの調整による変化量が極めて少ない状態になります。極端な話、最弱設定で走行すべき軽量なライダーがリバウンドを最強に設定しても走行することが可能になってきています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大島様、リバウンドに関しての非常に分かりやすい説明、ありがとうございました。色々なモヤモヤが消えた気がします。
鈍い僕は、なんとなくタイムリーな記事だなと思いながら、のん気に見入っておりました。ところで、以前私が乗っていたインテンスを後輩が乗る事になり、くたびれたリアショックを新品に替える予定にしています。近日、大阪の某ショップより、8.5-2.5の2016フロートXとブッシュの在庫の問い合わせがあるかと思いますので、宜しくお願い申し上げます。どうも間違えて、Xではない普通のショックの在庫を確認してたようで。
それでは、今後とも宜しくお願い申し上げます。
よっしー
2015/12/02 20:52
よっしーさん、こんにちは。

こちらこそ、ありがとうございます。
また何かありましたら、ご質問を。
今後とも宜しくお願い致します。
大島
2015/12/03 21:58
リアショックのリバウンド調整 追補 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる