ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS FIT4 ダンパーについて

<<   作成日時 : 2016/01/06 11:48   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

レバーを切り替えることによってオイルの通路を切り替えるだけのシンプルで効果的な構造になっています。そのため高い信頼性を実現することができています。外から見ると同じように見えますが、ダンパーも完全新設計。今シーズンから(36は2015モデルから)5wtのオイルが使用されています。

特筆すべき点はリバウンド側の動き。従来はコーナーでの接地感を重視した設定を行うと、縦の動きによって大きくストロークした場合、リバウンド側減衰が過剰になってしまい、突き上げ感が生じてしまうことがありました。それを避けるために中庸な設定を行っていたと思います。

2016年モデルはスピードセンシティブ(入力される速さ)とフォースセンシティブ(入力される力の大きさ)に対するリバウンド設定が大幅に改善されているため、コーナーでの動きに合わせた設定を行っても、縦方向への動きに対応できる幅が広がっています。言い換えれば、十分な接地感を確保しても突き上げ感が生じ難くなっています。

#2016年モデルはいいぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
FIT4 ダンパーについて ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる