ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS サスペンション設定 EVOLとフロントフォーク

<<   作成日時 : 2016/02/03 18:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

Float EVOL入れました。サグを30%取っているのですが、どうも全域使い切れてないような印象がありまして、設定方法を教えて頂けないでしょうか。
その印象は間違いではありません。
ご質問の後半を読む限り、バイクのポテンシャルを引き出せていない可能性が高いと思います。

例えばエアボリュームをスペーサ外す等で大きくしてばね定数を下げることができるものなのでしょうか。
これは間違った方向に展開しています。今のセッティング・レベルでは考えない方が吉です。
これに手をつけてしまうと、さらに迷宮の奥へと誘われます。
*シンプルに最後の踏ん張りの調整に使うデバイスとお考えください。

フロントフォーク2016 36 Float 160 3posでこちらはなかなかサグ量が取れずに悩んでいます。
説明書には体重65kgだと59psiが推奨値となっているのですが、これだと10%強しか取れず、もっとエア圧を落としてよいのでしょうか? どんどん抜いていくと50psi位まで行ってしまうので、これでよいのか悩んでおります。

悩む必要はありません。勘違いと思い込みが邪魔をしています。
一度、マニュアルに記載されている最低値の53psiまで落としてみてください。

FLOAT Suggested Starting Points for Setting Sag
日本語に訳すと
FLOAT サグのセッティングを開始する際の推奨値
この設定で使用してくださいということではありません。

マニュアル全体を日本語化したものがこちら。
2015年モデル用ですが、使えないことはないと思います。

http://mamapapa.at.webry.info/201502/article_10.html
http://mamapapa.at.webry.info/201502/article_11.html
http://mamapapa.at.webry.info/201502/article_12.html

ヘッドアングル・シートチューブアングル・レバー比・トラベル量・ステム長・サドル位置などの違いによって、同じ体重であっても設定空気圧は変わってきます。
残念ながら、オートマチックに体重別で理想の空気圧設定をお知らせすることは不可能です。
そのため空気圧ではなく、沈み込み量でサグを設定してくださいとお話しています。

さて結論です。
前後サスペンションはシーソーのような関係になっています。
後ろが柔らかければ、前は沈みません。
前が柔らかければ、後ろは沈みません。

フロントサスの空気圧設定を下げると、重心が前側に移動するため、後輪の負担が減り、リアサスのサグが減ります。リアサスのサグを増やすためには、空気圧設定を下げることになります。リアサスがより使えるようになりますから、問題を解決することができると思います。



上のように疑問を箇条書きにして、キーワードを取り出します。
その単語などをトップページの右にあるサイト内検索にコピペすれば、ヒントや回答を探すことが可能です。
因みに本日の回答は全て既出の内容となります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
サスペンション設定 EVOLとフロントフォーク ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる