ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS MONDRAKERのトップチューブ

<<   作成日時 : 2016/05/19 23:38   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

MONDRAKERのトップチューブ、数字を見るとビビってしまいう程の長さですが、乗ってみると長くないことを体感することができます。

アドバンテージが欲しいのなら、月並みの数値を持つバイクでは無理。同じような性能になってしまいます。
ビビってしまうくらいの違いによって、十分な後輪荷重が得られ、バームでのハードブレーキングが可能な安定性を生み出しています。

頭で考えていても始まりません。人間は今までの経験に基づいて想像力を働かせます。
『あの葡萄は酸っぱいに違いない。』的な結論に至るのも無理はありません。
しかし『百聞は一見如かず。』
続々と他社が真似しようととしているジオメトリーなんですから。
去年よりも店頭試乗できるお店は増えています。
まずは乗ってみてください。話はそれから。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
サイズの選び方について質問があります。
トレイルを走るため、FOXYを検討しています。今回の記事の通り、他メーカーにはないジオメトリなのでサイズ選びに悩んでいます。
以前の記事で170cm の方は「Mで」とありましたが、自分は165cmなので「S 」で良いのでしょうか?
細かい質問で申し訳ございません。
ミナミ
2016/05/23 11:43
ミナミさん、こんにちは。

お問い合わせ、ありがとうございます。
Mでも乗れないことはないと思いますが、Sの方がベターであると思います。
宜しくお願い致します。
大島
2016/05/23 15:53
MONDRAKER CHRONO 29erの購入を検討しております。そこで、フォワードジオメトリーについて質問させていただきます。

このジオメトリーは、かつて某社が提唱していたジェネシスジオメトリー(あるいはG2)とどこが違うのでしょうか。ジェネシスジオメトリーは、チェーンステーを短くして後輪のトラクションをかせぎ、トップチューブを長くして下りでのポジションに余裕を持たせる発想だった(そして、G2ではフォークオフセットを最適化して低速域でのハンドリングを向上させた)と理解しておりますが、フォワードジオメトリーとの違いがいまひとつ理解できないのです。ジェネシスジオメトリーとは異なる、フォワードジオメトリーの新しいメリットがあるとしたら、それはどこにあるのでしょうか。

それに、もっと単純に考えて、今は他のメーカーの29erでもチェ―ンステーは短くなっているようだし、大きめのフレームに乗ってしまえばいいんじゃないか、と短絡的に判断してしまいそうになるのです。ここはひとつフォワードジオメトリーの素晴らしさを大島様にお示しいただいて、私の判断を正しく導いていただければと思います。

それから、CHRONOシリーズは、ステム長が80〜90mmと一般的で、トップチューブ長もさほど長くないように思われるのですが、こちらにもフォワードジオメトリーが採用されているのでしょうか。よろしくお願いいたします。
一味
2016/06/11 11:21
一味さん、こんにちは。

CHRONOはフォワードジオメトリーではありませんが、モンドレイカーのノウハウが詰め込まれた設計が施されています。
ヘッドアングルやBBハイトとの位置的関係性は大きなフレームで解決できる問題ではないと考えます。以前書きましたが、ジオメトリーについては公表されているデータと実際の製品とが異なっているケースは珍しくありません。断片的な数値の比較ではなく、全体のバランスなんです。
大島
2016/06/14 00:32
ありがとうございます。

たいへん勉強になりました。今後の参考にさせていただきます。
一味
2016/06/14 19:54
一味さん、こんにちは。

こちらこそ、ありがとうございました。
時間のある時に『フォワードジオメトリーの新しいメリット』を書くようにします。
今後とも、よろしくお願い致します。
大島
2016/06/14 20:47
MONDRAKERのトップチューブ ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる