ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS (スリック)ハニートラップ

<<   作成日時 : 2016/05/25 20:48   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
オイル漏れの修理依頼、フレームに取り付けられていた新品のFLOAT X。
レバー部からのオイル漏れということでしたが、レバー内部にはオイルの漏れた痕跡はなし。キレイにマリングリスがそのままの状態で残っています。

犯人は『スリックハニー』なんです。
組み付け時にたっぷり使われています。この季節、急激に温度が上昇すると、スリックハニーは液化します。
包んであったウェスに付着している油脂の跡(左下)は黄色い色。真ん中の、赤っぽい部分は私が検証用にダンパーオイルを垂らしたものです。もう少し浸透しますが、オイルとグリスの違いが分かりやすく表現できていると思います。

こうした場合、エアスリーブを取り外してダンパーをストロークさせます。
きちんと動いていれば、オイル漏れではありません。
オイル漏れを起こすと、窒素とオイルを隔てているIFP(インターナル・フローティングピストン)が漏れたオイルの分、オイル側に移動するので、容積が増えて内圧が低下します。そのため圧縮されて戻る際の動きが悪くなります。またエアが混入しますからグチュグチュといった音が発生します。

キレイなウェスで漏れた部分をふき取り、黄色や青であれば、スリックハニーやフロートフルード。赤であれば、ダンパーオイル。
動かしてみて異常がなければ、ダンパーには問題ありません。

ダンパー、問題なく動きました。
洗浄剤を使って油分をふき取り、リバウンドダイアル部や本体側のレバー部をエアガンで吹いてもオイル滲みは確認できませんでした。点検作業の終了です。

これだけの作業を販売店さんにお願いするのは酷というもの。
怪しい時はお送りいただいても大丈夫、問題ありません。
安心を提供させて頂くことも私の仕事ですので。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)
(スリック)ハニートラップ ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる