ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS フォーク用気室設定のためのスペーサー

<<   作成日時 : 2016/05/13 21:59   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
写真は昨日お話ししたスペーサー。
左側が純正品、8ccの容量を持つスペーサー。
右側がグラインダーで容量を減らしたもの。

気室容量が小さな32の100mm。スペーサーの使用による影響は適正なサグ値が得られる空気圧の値にビビットに反映します。
実例を挙げると、可奈子姉さんの場合、
1つのスペーサーで15mmのサグが得られる空気圧は60psi。
スペーサーを2つにした場合、45psiまで空気圧を落とさないと15mmのサグは得られません。

メインに加圧するとネガティブ側が同調する構造のため、32には空気圧のミニマム設定はありませんが、45psiあたりの設定であると、反発力が足りず、減衰に負けてしまう印象を受けます。(もったりとした動き)
スペーサー追加による後半の踏ん張りは欲しいが、45psiでは小さなギャップが連続する箇所などでは、リバウンド側減衰が勝ってしまうため、突き上げ感が発生しやすくなる。
そうした事象を解決するために容量を減らしたスペーサーを作成しました。6cc程度に加工、50psi+αで15mmのサグが得られるはずです。

今週末のレースで使用します。姉さん復活のきっかけになれば。

ご参考までに、2017年モデルのSC、スペーサーホルダーの容量を減らしてあるため、気室容量は2016年モデルとほぼ同じなんですよん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
大島さん、こんにちは。
こういう部品もユーザーが望む気質容量のデータをダウンロードして3Dプリンタで作る時代が来るのかなとF1の予選を見ながら思いました。P.S.最近「高圧洗浄機」という単語を見ませんね、泥だらけのユニットは減りましたか?
ふるさと
2016/05/15 05:47
ふるさとさん、こんにちは。

私も3Dプリンターでの出力を考えました。
既にチェーンテンションデバイスのデータなどは販売されているようです。

>高圧洗浄機
あきらめましたw
大島
2016/05/16 22:46
大島さん、いつも商品と離れた書き込みですみません。

全日本ロードのコミュニケを見ていたら母娘で御社サポートライダーが載っていてびっくりしました。でも小田嶋さん(旧姓片山さん)もロードで強かったからトレーニングとしては両方取り組むのが良いんですかね。
ふるさと
2016/06/27 20:23
ふるさとさん、こんにちは。

書き込み場所はあってますので。
いつもお気遣い頂きありがとうございます。

トレーニングの効率が良いですから。
回すタイプのライダーさんは特に有効です。
大島
2016/06/27 21:47
フォーク用気室設定のためのスペーサー ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる