ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 幸田 玲音 選手、どれだけ速くなったのか?

<<   作成日時 : 2016/07/19 20:22   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

幸田 玲音 選手、どれだけ速くなったのかを検証します。

皆さん、お馴染みの偏差値で表してみましょう。

比較する対象は5月28日に、同じパノラマで行われたCJの予選データを用います。

何故、予選なのか?
全日本と5月CJ、両方に参加したジュニアの選手は、井岡、泉野、宇津、高山、幸田、久米田、田丸、九島の8名。(以上、敬称略)
5月のレースはエリート扱いになりますから、予選だけを走った選手が存在します。(30位までが本番にコマを進めることができます。)同じ条件のタイムを使用しなければ意味がなくなってしまうため、同一条件であった予選のタイムを使用しました。

また順位での変動は条件が異なってくるため、比較することができません。

5月のCJ
8人の平均タイムは2分46秒0431
分散 47.87077111
標準偏差 6.918870653
幸田選手の偏差値 48.44067768

今回の全日本
8人の平均タイムは3分15秒1516
分散 48.36383
標準偏差 6.950800402
幸田選手の偏差値 53.72277292

偏差値で5.282095241上昇しています。

偏差値5違えば、人生変わりますよね。

日々成長する若い選手たちですから、今回の偏差値向上は機材とセッティングの差が大きな割合を占めていると考えても、当たらずとも遠からじ。

*ちなみに母集団を大きくしたデータでざっくりとした計算も行いましたが、同じような数値になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
幸田 玲音 選手、どれだけ速くなったのか? ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる