ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS BOOST規格について

<<   作成日時 : 2016/07/09 02:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 14

近い将来、BOOSTの規格は間違いなく標準の仕様になります。

フロントは110mm幅の15QRなのですが、ハブ芯の長さが長くなっただけではありません。一番の肝はハブの左右フランジの間の長さが10mm広がったところ。ハブ本体の幅がワイド化されているのです。

皆さんの想像以上に、リムは変形しスポークは撓んでいます。
ホイール径が大きくなれば、ハブ軸からリムまでの距離=スポーク長が長くなるわけですから、その変形量も大きくなります。

添付の絵は直感的に理解して頂くため、リム、スポ―ク、ハブの左右のフランジの位置関係を三角形に単純化したものです。外乱によって左右方向に変形しますから、三角形の底辺を長くすれば、その変形量を少なくすることができます。

MTBを29インチに大径化した際にも、650Bのリムを使った際にもスタート時には通常のハブを使っていました。最初はそれぞれのメリットを享受するだけで満足だったのですが、そのホイールサイズに見合った横剛性が必要であることに気が付いたわけです。
実際に新しい規格のハブを製作、テストをしてみると、たった10mmのフランジ間の距離拡大が、とんでもなく精確なハンドリングを生み出しました。サスペンションの作動効率さえも引き上げてしまうBOOST規格。下りでのメリットは言うまでもなく、登坂時でさえも、ホイールの変形量が少なくなるメリットを体感することができたのです。その素晴らしさを知ってしまった各メーカーの設計担当者が積極的に賛同して生まれた規格がBOOSTなのです。
20mmでのブースト化もメリットが大きいはずなのですが、生産量が少ないため見送られているようです。

従来、様々な規格がそれぞれの現場から生まれ、淘汰されてきました。
15QRあたりから、業界内での根回しの気配を感じるようになりました。
意外にお感じになられるかもしれませんが、予め標準規格を策定し一斉に動くことにより、規格の乱立を防ぎ、混乱を最小限にしたいという考えの方たちも多く存在しています。

15QRの導入時も否定的な意見も多かったのですが、今では一般的になりつつあります。今回もたかだか10mmの拡大なのですが、その効果は15QRと同等、もしくはそれ以上のメリットを提供してくれています。(ブレーキの効きさえも改善されます。)

日付が変わっていました。(笑)

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
大島さん、こんにちは。
ブースト規格に興味が湧いています。ただ、メーカーの完成車を見ると、フロントが15×110のブースト対応フォークを採用しているものは27.5プラスのタイヤを履くMTBばかりです。
この記事を読ませていただくと、プラスを履くためのブースト規格とったいうより、ハブ軸の拡大によるメリットもあるようですが、ブースト規格のフォークに、通常の27.5の2.4ぐらいのサイズを履いて使用するのもメリットがあるのでしょうか?
見た目的に、スカスカな感じがするのですが。
ヨッシー
2016/10/01 07:45
ヨッシーさん、こんにちは。

製造スケジュールを考えてみて下さい。保守的な大手メーカーさんが、新しい技術の反映をさせるためには少し時間が足りなかったのです。
ハブの軸の拡大ではなくフランジ間の距離を拡大することによるメリットはホイールの横剛性を格段に向上させます。感覚的には9mm→15QRと同等以上のインパクトが。

>メリット
29インチになりますが、可奈子さんのXCOレース用バイク、フロントはBOOSTです。過去ログをチェックしてみて下さい。そういえばBOOSTにしてから2連勝ですねぇ。改めて認識しましたw

http://blog.goo.ne.jp/advent8117

>スカスカ
そうでもないですよ?
大島
2016/10/03 09:32
大島さん、ありがとうございます。
私は、ハドレーのハブを愛用しておりますが、(フロントハブはDH-15)
ブースト規格に対応するものは発売されてますか?あと気になるのは肩下寸法です。27.5用のもので、140以上のストロークのもののバリエーションと肩下寸法を教えていただけませんか?
宜しくお願いします。
私のバイクは150前後のストローク推奨です。
ヨッシー
2016/10/03 19:09
ヨッシーさん、こんにちは。

27.5+と27.5 BOOST、違う種類のフォークになります。

>ブースト規格に対応するものは発売されてますか?
販売されています。
http://mamapapa.at.webry.info/201603/article_8.html
をご参照下さい。

>27.5用のもので、140以上のストロークのもののバリエーション

http://mamapapa.at.webry.info/201606/article_11.htmlにある

910-20-106 
910-20-102 
910-20-100 

910-20-081 
910-20-077 
910-20-076 

が該当します。

34の150mmで539.1mm、36の160mmで549.1mmとなります。

以上、よろしくお願い致します。
大島
2016/10/03 19:44
大島さん、お世話になります。
回答ありがとうございます。
早速、お世話になってる神保町の某ショップにて27.5ブースト、150ミリ注文いたしました。
残念ながらハドレーハブは在庫が無いようでしたので、他メーカーとしました。
今後ともよろしくお願いします。
ヨッシー
2016/10/06 15:12
ヨッシーさん、こんにちは。

フォークのお買い上げ、ありがとうございました。
HADLEYのハブは申し訳ありませんでした。
ちなみに今月中に少量入荷し、年内にまとまった数が入荷します。
こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します。
大島
2016/10/06 19:07
ブースト規格、メリット大なのは分かるのですが、あと左右に1mm プラスで150mmにしてくれたらDHとの互換性があって良かったのですけどね。
最近、規格が次から次に出てくるので一般ユーザーはついていくのが大変(おサイフが((T_T)))です
鯖の味噌煮
2016/10/07 12:14
鯖の味噌煮さん、こんにちは。

弊社も在庫が大変です。新しい規格は売らんが為ではなく、よりいいものを追求している過程で生まれてきたもの。ユーザー不在の部分も確かにありますが、エンジニアさんたちは前しか見ていませんから。
弊社も在庫がたいへんなんです。
大島
2016/10/07 22:30
大島さん、こんばんわ。
フォーク届きました。カラーが完全なつや消しブラックになってるのですね!手持ちの2014モデルは少しラメが入っているような。
少し気になるのは、リバウンドダイヤルが下に飛び出ていて、私のような軽い体重のものは、8クリックアウトぐらいですから、軸が見えるぐらい出っ張ってます。
当てたら、速攻もげそう。
見た目的に、精神衛生上良くありません。
正直、34にもダイヤル保護カバーが欲しいです。36はどの様な構造なのか知りませんが、流用できる様なものでは無いですか?
ヨッシー
2016/10/12 20:08
ヨッシーさん、こんにちは。

お買い上げ、ありがとうございました。
36のリバウンドダイアル、ロックナット、カバー、クラッシュワッシャーが流用可能です。ご注文頂けば、お納めすることができます。
大島
2016/10/13 21:17
大島さん、ありがとうございます。
明日、早速購入したお店に注文しようと思います。
また連絡が入るかと思いますので、宜しくお願い致します。
ビックリする様な金額で無い事を祈りつつ(笑)
でも、これで一安心です。
ヨッシー
2016/10/13 22:09
ヨッシーさん、こんにちは。

全部合わせても5,000円でおつりがくるかと思います。
宜しくお願い致します。
大島
2016/10/14 23:42
大島さん、こんにちは。
実は、日曜日に手持ちの2015の36フロートとリバウンドダイヤル付近のパーツを比較していたのですが、今回購入した2017モデルのリバウンドダイヤルと、2015の36フロート170のリバウンドダイヤルは同じ径で、保護カバーキャップがスッポリ被りました。さらに、2016の34フロート140と見比べてみましたが、2017はリバウンドダイヤルが一回り小さく、薄くなっておりました。私の勘違いで無ければ、リバウンドダイヤルだけは不要もいう事になります。クラッシュワッシャー、ロックナット、カバーの3点購入で使用できる気がします。神保町のショップさんには、リバウンドダイヤルを含めた一式昨日注文済みですが、もし、リバウンドダイヤルが不要なら、それ以外の部品のみで発送頂ければ幸いです。
もし、ダイヤルもセット物であれば一式でかまいません。
以上宜しくお願い致します。
ややこしい事ばかりお願いし申し訳ありません。
ヨッシー
2016/10/17 07:17
ヨッシーさん、こんにちは。

本日便でリバウンドダイアルを抜いたパーツセットを発送させて頂きました。
2017年モデルから同じダイアルになっていました。
ご指摘、ありがとうございました。
大島
2016/10/17 22:32
BOOST規格について ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる