ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS FLOAT X2とDHX2、オイルの滲み

<<   作成日時 : 2016/08/23 19:12   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
画像
画像
FLOAT X2とDHX2は、でき立てのほやほやで送られてきます。
弊社入荷後、リザーバーに加圧、動作確認をしたのち、綺麗にして再度パッケージングし直しています。ネジ部にオイルが残っているため、到着時にはかなりオイルまみれになっています。

新品の組み直しをする場合の工程が2番目と3番目の写真。
写真4枚目、Oリングから右上にかけての部分に、かなりの量のオイルが残って組み上げられるわけです。

完成車は倉庫などで、吊り下げ展示されているフレームなどは通常の室温より高い環境におかれるわけですから、残ったオイルの流動性は上がりますので滲みや垂れが発生します。

アルコールで拭いた後に出荷されているのですが、多少エアガンで拭いた程度では残った全てのオイルを飛ばすことができません。
多少の滲みは初期不良ではありません。(リザーバーに空気が150PSI充填されていますから、Oリングが破損していると滲み程度では収まりません。)
万が一オイル漏れが止まらないようでしたら、いつでも修理させて頂きますので安心してお使い下さい。

エアガンで吹くよう、工場にフィードバックをしておきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
FLOAT X2とDHX2、オイルの滲み ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる