ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS FLOAT SCの設定

<<   作成日時 : 2016/08/02 21:14   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

2017年モデルのFOX フロントフォーク,
FLOAT SCとスタンダードのFLOATではコンプレッション側の設定が大きく異なります。
スタンダードなFLOATはサスペンションとしての機能を最大限に発揮するため、柔らかくスムースに動く設定になっています。

FLOAT SCは全く違うアプローチで仕上げられています。
XCOレースで使用されることが大前提ですから、2015年後半にワールドカップで磨きをかけられた容赦ないレース仕様のコンプレッション設定になっています。
タイムロスにつながる無駄な動きが完全に排除され、必要最低限の動きをします。

体重の軽い方は最初にエアスペーサーを一つ抜いて、15%=15mmのサグ設定をしてください。

覚えておいて頂きたいことは

◎15mmのサグはマスト。
◎ボトム付近のストローク感はエアスペーサーで調整する。

この2点です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
この記事とは関係ないのですが、フロントフォークのサグ出しについて質問させてください。

現在、2016年モデル、float34ファクトリー 150mmストロークを、クロモリハードテイルで使用しています。

サグを、20%程度(30mm)取ろうとすると、エア圧が40〜45psiとなります。

説明書のセッティング表には58psiからしかエア圧が書いておりませんが、上記のような低圧で使っても問題ありませんか?

ちなみに、体重は57キロ、身長167cm程度です。

よろしくお願いします。
まさまさ
2016/09/03 17:57
まさまささん、こんにちは。

低圧であってもリターンスピードが確保できていれば、問題はありません。

一度、ボリュームスペーサーを全て外してセットアップしてみて下さい。
宜しくお願い致します。
大島
2016/09/04 13:03
FLOAT SCの設定 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる