ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017 MONDRAKER FOXY、アルミとカーボンの違い

<<   作成日時 : 2016/10/31 22:04   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

PRIMEシリーズが温故知新的なバイクであるのなら、今年のFOXY(アルミモデル)はMTBの最先端を体感できるバイクと断言することができます。
ブースト規格で構成された140mmのホイールトラベルのバイクですが、ZERO SUSPENSION SYSTEMのおかげで感覚的には160mmくらいのストロークを持ったバイクに感じます。

カーボンとアルミの違いは、少し前のDUCATI 999と749の関係に似ています。スパルタンでストイック、緊張感を楽しむ749、ジェントルでラグジェアリー、余裕を楽しむ999。
749は少ない排気量を回転で補うピーキーな面白さがあり、コーナーリングをする度に反省の連続、片や999は軽くアクセルをひねるだけで前に押し出してくれる快適さがあり、自分が巧くなったような錯覚に陥るバイクでした。

若い方にはアルミのFOXYをお勧めします。より速く走るためには求道者的な姿勢を求められますが。
CARBONのFOXYは『ま、いっか』的で享楽主義者の乗り物。ほんと拍子抜けするくらいの楽チンさ。

体力的にも精神的にも限界を目指すことができるエンデューロバイクのDUNE。そのパフォーマンスは普通の速度域において路面状況の変化に気づかない程なのですが、FOXYには良い意味での『等身大の楽しさ』があります。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
2017 MONDRAKER FOXY、アルミとカーボンの違い ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる