ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日はご質問にお答えします。

<<   作成日時 : 2016/11/09 19:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はご質問にお答えします。

質問 その1

>ブースト、ノンブーストで迷っております。

ホイールまで手を回すことのできる余裕をお持ちでしたら、ブースト一択です。

>20mmのメリットを堪能出来るような、スピードレンジではありません。

32をお使いならば、34 BOOST 15QRの組み合わせがお勧めです。
36と20mmの組み合わせは、まるで戦車の如し。勝手に障害物を乗り越えていってしまう反面、乗り手側に体力を要求してきます。


質問 その2

>CJ XCOとSDA王滝を走ることができるMONDRAKERは?

確かにハードテイルならカーボンになります。ただ王滝の次の日、普段と変わらない生活を送りたいのなら、フルサスペンションバイクをお勧めします。
鉄人、松本 駿 選手(TEAM SCOTT)からのフィードバックをお。
フルサスであると翌週のCJも普通に走ることができるのですが、ハードテイルで走ると疲れが残るそうです。
現在、26インチのフルサスをお持ちなら、それで王滝に出場してください。
余裕をお持ちでしたら、サスペンションの更新も悪くありません。
王滝だけでしたらFACTOR+をお勧めします。
XCOで成績を残したいのなら、予算の許す限り、グレードの高いXCOバイクを。
一台で全てを賄うのなら衝撃吸収性の優れた2017 PODIUMを。
山口創平選手(ProRide)は「芝生の重さが気にならない。木の根でも弾かれない。」と言っていました。


質問 その3

>TRANSFER 乗っていると数ミリ下がるのは仕様ですか?
間違いなく仕様です。(トラブル時には上がらなくなるか、伸びてしまうような構造になっています。)
サドルに対して臀部はあてる感覚。椅子のように、どっしりとは腰かけません。
TRANSFERはバルブやピストンを使用しています。オイルが流れることによってサドルの高さが変わるような設計になっています。そのため、長時間継続する、じんわりとした外的な力が与えられたり、瞬間的に大きな力が入力されたりすると、フロントフォークのように安全装置であるブローオフが機能する構造になっています。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い
今日はご質問にお答えします。 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる