ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 複筒式、雑感

<<   作成日時 : 2016/12/06 22:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

明日、11月分のMONDRAKERが入荷します。
が、既に次の便がスペインで集荷されました。倉庫、大ピンチ。(;^_^A

FLOAT X2は複筒式になっています。
この形式、実は2001年あたりからテストされていました。SPECIALIZEDのバスケスがARAIで使用していたVanilla RCは複筒式だったのです。今のようにコンプレッションとリバウンドの回路を分けるための設計ではなく、位置依存型の減衰を発生させるためのしくみになっていて、内側の筒にはたくさんの穴が規則的に開けられていました。

RCR(Romic)は当時既に複筒で商品化していましたが、FOXとは異なった思想で設計されていました。
内側の筒はスチール製で下部にオイルの通路用に穴が開けられており、窒素とオイルを分けるフローティングピストンがドーナツ型になっていて、内側と外側の筒の間で上下する仕組み。
ダンパーシャフトが貫通するトップキャップに、窒素充填用の穴が開けられていました。ユニークなアイデアだったのですが、部品設計が量産化に向いていなかったため、主流になることができませんでした。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
複筒式、雑感 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる