ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS セッティングの実践、これが実戦。

<<   作成日時 : 2017/04/17 21:19   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

イケてないラップ調なタイトル(笑)
昨日、FACEBOOKの方で行っていた、選手とのやりとりを実況したまとめを掲載します。

選手の記述
今日は、明日S-TRAILで行われるレースの練習をしにS-TRAILに来ています。
今のところセッティングは

フロント (2016 40FLOAT)
全締めから
51psi 25% 50mm
リバウンド 14
HSC 13
LSC 14

リア (2016 DHX2)
全締めから
150psi25% 20mm
LSC 11
HSC 9
HSR 9
LSR 11
になってます。
色々セッティングを変えているのですが、なかなかハイスピードコーナーでの安定感が出ず、困っています。

私の返事
フロントのサグ、取り過ぎ。
これでは役目を果たすことができません。
15%の30mmにしてください。
リバウンドは全閉から13クリック戻し。
LSCとHSCは15クリック戻し。
ここから始めましょう。
リアはバネレートはいくつでしたっけ?
取り合えず、フロントとのバランスをとるため、
全て全閉から12クリック戻しで始めましょう。
フロントが硬くなりますから、リアの沈み込みが増えます。
リア、理想値の30%程度になるはずですから
ここまでちゃんとすると、別物になりますよ。
急ぎの場合はTELもOK。
まずは試走で、どういう動きになったか、教えて下さい。

選手の記述
コーナーが滑ると思ってどんどんサグを増やしていました。フロントのセッティング、明日の朝すぐに変更します。
すみません、リアのバネレートがいくつだったかしっかりと把握できていません。近くにバイクがないので、これもまた明日の朝確認します。
リアも明日の朝サグを取り直して、そのセッティングにします。
1本目からこのセッティングで走って、どうなったかまた連絡させて頂きたいと思います。

私の返事
典型的な悪い方向へのセッティングです。

サグは変えない。
これが世界を走るための常識です。

基準点を動かしてしまうと、セッティングの迷子になります。
ストロークでカバーするのが正解。
低速側(オイルの流量調整)を緩め、ストロークさせやすくするのです。
XX君のやり方は、どんどん有効ストローク長が短くなり、狭い範囲でこなそうとするやり方です。
それでもある程度は対応できてしまうため、錯覚してしまうのですが、性能を生かし切ることができなくなります。
連絡、作業をしながら、待ってますので。

選手の記述
今、セッティングを変えています。リアサスのバネは350でした。
8:30から試走なので、また走り次第連絡させて頂くので、よろしくおねがいいたします!

私の返事
想定通りでした。
まずは新しいセッティングに慣れて下さい。
健闘を祈る!

私の返事
時間が無いといけないので、先に指示しておきます。
路面状況が変化しているはずです。
車体が大きく動くようになっていますよね。
ストロークさせることで、滑る感覚の緩和を狙っています。
ペダリング時のピッチングが気になるのなら、LSCを締め込みます。
後半が動き過ぎているのならHSCを足します。
タイトターンで滑るようならLSRを足します。
ハイスピード領域で挙動が急ならHSRを足す方向になります。
以上が基本方向です。
前後のバランスは斜度、ライディングスタイルで変わってきますので。
状況報告、可能であれば、連絡を。

選手の記述
フロント
52psi 15%
リバウンド 14
HSC 15
LSC 15→14
リア
150psi 30% 21mm
LSC 12→10
HSC 12
HSR 12
LSR 12→10
に変更いたしました。
フラットのタイトコーナーですべる感覚があったのでLSRを2足して直線のペダリングでフワフワ感が抜けなかったのでLSCも2足しました。
フロントも少しロスがありそうだったのでLSCを1足しました。
ハイスピード側はそこまで違和感がなかったので変更せずに走ってみようと思います。

私の返事
良くなったかどうかの記述がありませんが、ネガティブなコメントがないので、良い方向に行っていると判断します。
変更の結果、
『何がどうなって、何をどうしたいか』 
を話してくれれば、具体的な数字を指示することができますが、自分で判断することも大切です。
楽しんできて下さい。
以下、独白。
大体、どの選手もこんな感じで、手間の割には手ごたえのない作業です。(笑)
みんな、ケガのないよう、休日を楽しんできてください。
では、また作業に戻ります。

選手の記述
すみません、かなり良くなりました。
もう少しで予選なのでこのセッティングで行ってみようと思います!
ありがとうございました。
予選が終わり次第、また連絡させて頂きます。

予選に関しては言えば、手強いライバルに先着することができたようです。

選手の記述
決勝は0.5秒ほどタイムが落ちてしまいました。
自分の中ではいい感じだったのですが、久しぶりのレースで緊張していたのか、焦ってしまいました。
サスペンションの感じはハイスピードコーナー、低速コーナー、ジャンプの着地など全体的に安定していて、とてもいい感じでした。ですが、自分の中で力を抑えすぎてしまったのかもしれないです。

私の返事
骨折明けにしては上出来。
お疲れ様でした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
セッティングの実践、これが実戦。 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる