ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 前輪を上げたい!XCO系、お年を召したライダーさんへ。

<<   作成日時 : 2017/10/26 15:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

まずは頭を納得させるための理論武装を。
赤い線から青い線のところまで、前輪を上げたいとします。
後輪車軸を中心に、前輪の車軸に弧を描かせる作業。
黄色の線より左側に腰を持って行かないと前輪を上げることはできません。黄色の線よりも前で、いくら足掻いても、それは自分で自分を持ち上げようとする作業に他なりません。
速く動く必要はありません。
ゆっくりと走行します。ペダルを水平にします。
ゆっくりと後輪車軸から後ろへ腰を持っていく動作と同時に肘を軽く曲げた状態からハンドルを左右均等に胸の方向へ引き上げます。この作業をゆっくりと、明日の仕事に差し支えない程度に何度も繰り返してください。
ゆっくり、超大切なことですから3回言っています。(笑)
素早く腰を引く行為、変にタイミングがあってしまうと、この段階であってもバイクは貴方を振り落とし飛んでいきます。

ここまでは重心移動の大切さを知って頂くためのアクション。
ここにフロントサスを沈み込ませるアクションを加えます。
インナーチューブが戻ろうとする力を利用するわけです。
両腕を前からみると、左右で弧を描き、円になっている感じにしてください。肘を大きく曲げる必要はありません。その円をバネとして使うイメージです。その円を上から潰すとその反力で伸び上がる感じで動かしてください。
一連の行程を記します。
フロントサスを、軽く曲げた肘を使い、伸ばしながら押し込みます。
フロントサスが伸び上がるタイミングに合わせ、
ゆっくりと後輪車軸から後ろへ腰を持っていく動作と同時に、肘を軽く曲げたまま、ハンドルを左右均等に胸の方向へ引き上げます。
これでばっちりできたはず。

何かを掴めた方、コメントをお願いします。
今、MTBから離れている勤務時間中の方々、お疲れ様です。
早く乗りたくなりました?

使いこなすためには?
簡単なことです。何度も練習!
箸の操作と同じなんです。意識せずとも、当たり前に一連の動きができるようになれば、気負うことなく、その技術を使いこなせるようになります。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
前輪を上げたい!XCO系、お年を召したライダーさんへ。 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる