ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 何があっても不思議に思わない

<<   作成日時 : 2017/11/13 20:52   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

悪い予感はしていたのですが…。
UCIから発表になったリザルトでは、
九島 勇気(玄武/MONDRAKER)の順位はElite Classの2位。
優勝したとされる選手のゼッケンは114。
ジュニア・カテゴリーの選手を混ぜて、集計し直したようです。
確かに1分57秒あたりでゴールしているのですが、雨による路面コンディションの変化を考えると…。

大会規約を読んでいないため、何とも言えませんが、

『やるな!インドネシア。』

もう、笑うしかありません。
表彰台の動画も、変な編集無しでアップしてある誠実さ。(笑)

*同じコースを走った全てのカテゴリー選手を一つのクラスとみなし、ランキングするという条項があるかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた
何があっても不思議に思わない ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる