ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS GRIPのリモート化は不可

<<   作成日時 : 2018/02/19 19:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

基本、GRIPも通常仕様のカートリッジをリモート化することはできません。通常のGRIPはセンター(進行方向に向かって3時くらいの位置)に大きなクリック感があるだけで、左右方向に細かく動きます。
実は、レバーの設定位置に比例した低速側コンプレッションが得られるようになっています。オープンからファームにかけて、270度近くの範囲で細かく設定することが可能なのです。

設定できる範囲に関しては、FACTORYモデルを凌いでしまう程なのですが、これがネックとなり、通常のカートリッジをリモート化することができないのです。
写真はポジションを切り替えるためのコンプレッションロッド部分の高さを比較したもの。リモートカートリッジの方が長くなっています。
GRIPをリモート化したい場合、カートリッジごとの交換となります。(希望小売価格 24,000円税別 リモートレバーは含まれません。)

2016-2018 FACTORYモデルの場合、カートリッジ上部の交換でリモート化することができます。(パーツ代で15,000円税別から。こちらはレバー及びトップキャップアッセンブリーを含んだ価格となります。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
GRIPのリモート化は不可 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる