ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS フロントサスのエアボリュームスペーサーの増減について

<<   作成日時 : 2018/03/22 19:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

様々な条件があるため、マニュアル化が難しい部分なのですが、フロントサスのエアボリュームスペーサーの増減について、その手順をお話したいと思います。
まずは工場出荷時のままでサグを設定します。
推奨されたサグがとれない場合には、エアボリュームスペーサーを減らして下さい。
サグが取れた場合には、HSC/LSCのモデルは全閉から15クリック戻しにします。リバウンドは推奨値から2クリック余分に戻してください。
硬いと感じた場合にはエアボリュームスペーサーを一つ抜いて、サグを設定し直します。
ボトムしてしまった場合には、まずサグをファームの値にしてください。既にファームの数値で設定している場合には、エアボリュームスペーサーを一つ足して、サグ値を取り直します。
通常ならば、ここまでの手順でサグを設定できると思います。

32/34/36/40 全てのモデル
サグの範囲はストローク量の15〜20%です。

80mm 12mm〜16mm
100mm 15mm〜20mm
120mm 18mm〜24mm
130mm 19.5mm〜26mm
140mm 21mm〜28mm
150mm 22.5mm〜30mm
160mm 24mm〜32mm
170mm 25.5mm〜34mm
180mm 27mm〜36mm
200mm 30mm〜40mm

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
フロントサスのエアボリュームスペーサーの増減について ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる