ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS DUNE CarbonとDUNE

<<   作成日時 : 2018/04/27 20:43   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
やぁ〜、参った。
結構な時間をかけて書いていた文章、飛んじゃいました。
くやしいので骨子だけをお伝えします。

DUNE CarbonとDUNE
しっかりとしたフレームワークで、長丁場のエンデューロに合わせた142mmのエンド幅のカーボン。

軽量化しながら剛性を確保するため、148mmのエンド幅で自由度の高いハイドロフォーミングで作られたアルミ。現在主流になっている設計思想です。

フォルムを見る限り、「私たち、入れ替わってるぅ〜!?」的なデザイン。
カーボンは工業的には過剰な設計。
計算によって軽量であるにも関わらず、十分な剛性を確保したハイテクなアルミ。事実、完成車の状態での重量差は100g。

おバカなことをして楽しいのはアルミ、感性の部分で嬉しく感じるのはカーボンなんですよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
DUNE CarbonとDUNE ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる