ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS エアボリュ―ムスペーサーの交換

<<   作成日時 : 2018/06/21 19:45   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

最初にエアボリュ―ムスペーサーの交換を行うことによって、あなたに合わせた『中間域のストローク量』と『ボトムアウト直前の踏ん張り感』に変更することができます。

サグを正確に設定、簡単にボトムアウトしてしまうのなら、大きなスペーサーに交換。使い切れていないのなら、小さなスペーサーに交換します。
画像
これはEVOLがついていない場合のエアスプリング・カーブ。エアボリュームスペーサーによる変化の度合いをイメージとして捉えて下さい。

画像
画像

ブルーは圧縮比が低過ぎる状態。
オレンジは圧縮比が高過ぎる状態。
レッドはサスペンションとして機能しない状態。
これらに該当する状態での使用はお止めください。

803-01-250 FLOAT DPS/CTD (9mm shaft) Air Spring Volume Tuning Kit
希望小売価格 3,000円(税別)

803-01-251 FLOAT X/ DPX2 (1/2in shaft) Air Spring Volume Tuning Kit
希望小売価格 3,000円(税別)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
エアボリュ―ムスペーサーの交換 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる