ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 2019 FLOAT X2

<<   作成日時 : 2018/06/07 20:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

今シーズン一番改良された製品が、2016年にリリースされたFLOAT X2。外観は大きく変わっていないのですが、4年目となる2019年モデルと比較すると、共通部品はほとんどありません。
LSC・HSC・LSR・HSRを生み出している赤と青のカバーの下(内側)は毎年の改良によって別物になっています。
2018年モデルからのメインピストンの小径化によるオイル通路の拡大によって、全体の動きが変わりました。
2019年モデルはダンパーシャフトが、アルミからスチールに変更され、MCU(Micro-Cellular polyUrethane=微孔性ポリウレタン)のブッシング(バンプラバー)が追加されました。その結果、エアボリュ―ムスペーサーへの依存度を下げることが可能になり、理想に近いセッティングが実現できるようになりました。
また、そのブッシングを効果的に使うことができるように、ダンパーシャフトが貫通しているシールヘッドの形状も大きく変更されています。
アウターエアスリーブの固定方法がクリップ止めになり、フレームのヨレによる緩みが無くなりました。その内側のインナーのエアスリーブも、ねじり剛性アップのため、フイン形状の補強が入っています。
地味な変更なのですが、エアスプリング加圧用エアバルブの取り付け角度が2度!傾けられ、エアバルブチャックの取り外しがスムースに行うことができるようになりました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
2019 FLOAT X2 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる