DH・フリーライド系のセットアップ - 車体姿勢 

シーズンのはじめはトップクラスのライダーでも、スピードに対して恐怖感を持っています。
2日は乗れていない状態が続きます。
この期間は絶対にレーシングスピード領域までスピードを上げません。
それでも普通の人からすればとんでもない速さなのですが、彼らは無理をしていません。

ちょうど箸でご飯を食べているような感覚でバイクを走らせています。
箸でご飯を食べているときに緊張しますか?
箸の存在を意識しますか?

彼らは乗れていない自覚を、ちゃんと持っています。

そうした場合はセッティングで対処していました。

前が下がってしまうと、路面が近くなり、恐怖感が大きくなります。
ダブルクラウンの場合には、突き出し量を減らしていました。

またプリロードを下げることによって、バネの反応性を遅らせて、
重心移動の速さを遅くしていました。
リバウンドを1クリックだけ遅くすることも有効な手段です。

コンプレッションも、もちろん落としていました。

ステムの高さを変えることによって、上体を起こし視線を上げることで、
恐怖感を緩和していました。

スプリングの変更も行っていました。


シーズン中は毎週のようにコースを走っているライダーでも
シーズン初めの富士見は変な緊張していますし、怖さも感じています。
あまりコースに出ない方が、いきなり目一杯走ることは無謀です。
気持ちは理解できますが、最初の2本はバイクと自分のチェックに使ってください。

乗れていないときには、度胸で走らせないこと。
緊張で体が硬くなるため、動きが遅くなります。

自然体、恐怖を感じないスピードで的確な動きをすることが上達の近道です。