リバウンドの設定-逆転の発想

1Gダッシュ(乗車時のサグ)がきっちりと設定できたら、リバウンドの設定です。

そこでフロントの接地感についてのご説明を。
はっきりと言い切っちゃいます。

ほとんどの方は接地感なんてわからないと思います。

わからなくても気にする必要はありません。


モーターサイクルでもアフターマケット用でリアサスやフロントフォークが販売されています。
販売する側からすれば、どんな風に使用されるか、
わからないのがアフターマーケット品の恐ろしい部分です。
そのため一人用のバイクならともかく二人乗りできるステップがついているバイクならば、
安全のため、とんでもなく余裕のあるバネレートのスプリングがセットされて出荷されます。
あまりにもスプリングに余裕がある状態では、
どんなに高性能なサスペンションでも、
サスペンションの動きによる荷重の変化は把握できますが、
タイヤのグリップ感などわかりません。
(プロは経験によって補正して接地感に置き換えています。)
車重が180kgで、65kgの人間が二人で乗ってもバイクの重量よりもライダーの方が軽いのです。
そんなバイクでも正確な接地感は、ほとんどの人がわかっていないのです。


自転車は成人男性であれば間違いなくライダーの体重が重い乗り物。
MTBはライダーが動くことによって荷重を変化させることができる乗り物です。

某メーカー製DH用サスのリバウンドは初期ではあまり変化しません。
そのためフロントに荷重が十分ではない状態で調整を行っていくと、
ガレバで突き上げを食らうことになります。
このフォークは設計思想が異なるのです。
自転車のサスは軽量であることが一番。
次に衝撃の吸収という考えなのです。

ではフロントの滑りや逃げをはどうするの?
ライダーが荷重をかけることによって安定させるという考え方なのです。
このアプローチは間違いであるとは思いません。
メーカーの個性でもあり、そのネーミングが示すとおり、上級者向けのサスペンションなのです。
この設計思想は、コース設定が縦方向重視、ライダーに技量があるとめちゃくちゃ速く走ることができます。
(スプリング・コンシャス)
このサスペンションで低速コーナーでフロントが滑ると言ってはいけないのです。
ハンドルよりも前にライダーの顔が出ていたりするのは
フロントが滑らないように前に荷重をかけているからなのです。

FOXは中心に荷重をおいておけば、サスが仕事をしてくれるというダンパーコンシャスな設計です。
どうすればいいのか?そこで逆転の発想です。

ストレートなガレバでリバウンドのセットアップを行うのです。
はじめは全開放、最弱の状態で、いつもの速さで走ってみてください。
ほとんどの方が、いつもよりも突き上げ感がないことに驚かれると思います。

次に2クリック締め込んで下さい。そして走行。
その変化に気がつかれると思います。

我慢できる限界まで2クリック締め込み、走行というパターンを繰り返していきます。

スピードを落とさなければならなくなったところを、リバウンド強めの状態として記録。
1クリック緩めた状態を通常モードのリバウンドにするのです。

これの状態でいつものように走ってみてください。
意外にフロントは滑らないで頑張ってくれるはずです。