ストロークが使い切れない。

あまり長い文章であると、
はじめから読んでもらえないようなので短めにします。

「きちんとサグを設定するとストロークが使いきれない。もったいないのでサグを多くして使いたい。」
これは間違っています。
もったいなくてもそのままの正しいサグでご使用ください。
使い切れないのは、走行スピードと走るフィールドの環境の問題となります。
サグを大きくしてしまうと、ピッチング方向に余分な挙動が多くなります。
(ペダリングロスと過剰なフワフワ感。)

フロントフォークにタイラップを巻いている方がいます。
「どこまでストロークしているか。」これはチェックする意味がありません。
ボトムアウトすれば、大抵わかりますよね。
サグが設定できたら必ず外してください。
砂や土がタイラップにのっかって、「サンドペーパー」状態になります。
インナーチューブについた傷はオイル漏れの原因となります。