フルサスを購入したらすべきこと。 その3

前後どちらか、もしくは両側にスプリングがついている場合です。
色々なノウハウが書いてあるので、エアサスを使っている方にも参考になるかと思います。

フロントはリアと比較した場合、
バネレートが絶対的に低いためプリロードをたくさんかけることができます。
かなりのレンジをプリロードでカバーできるのですが、
目一杯プリロードをかけた状態で使用するよりも、
バネを硬めに変更した方が動きがゆっくりになるため、車体制御の点で楽になるかと思います。

体が小さな方の場合には、
前輪に重量をかけることができないためバネレートを落としきれない場合が出てきます。
ダンパーサイドを加工するという方法もありますが、
基本的にストロークしたダンパーシャフトを戻す力は絶対に必要です。

リアサグは最小限に設定することはいうまでもありません。
リアにコンプレッションがついているモデルは強めにセットしてください。
タイムラグを利用して先に前を沈めてしまうわけです。

姿勢が低くなってしまうのですが、前輪の荷重を増やすためにはショートステムではなく、
長めのステムを選択する方法もあります。
ただしこの方法はダウンヒルやハードな山遊びには向いていません。
ステムで顔面を強打してしまいます。

購入する前の話になってしまいますが、
身長は普通だけれど極端に体重が軽い方の場合、
ワンサイズ小さめのフレームを購入し長めのステムを、という手は使えます。

話がどんどんディープになってしまって申し訳ありません。
原稿なしでいきなり板に書いているものですから。
お許しを。

つづく