ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS セッティングに影響を及ぼす要因

<<   作成日時 : 2008/03/11 10:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

ハンドル   角度・高さ・幅
レバー    マウントする角度
グリップ    形状
ステム    長さ・角度(高さ)
サドル     レール位置(前後)・レールオフセット量(高さ)・形状
シートポスト 長さ・形状(ストレート・セットバック)・レールマウントの位置(オフセット量)
ペダル    クリート位置・クリートマウントの高さ
タイヤ     空気圧・パターン・重量 
リム      重量

簡単に思いつくだけでも、
これだけの要因がサスペンションのセットアップの基本となるサグの設定に影響を与えます。

実はそんなにむずかしい話ではありません。
論理的な思考さえできれば、
これらの要因をセッティングをする場合に効果的に使用することができます。
要は前後の車軸に対する荷重配分が、
これら部品を交換した場合にどのような影響を与えるのかを考えればいいわけです。

例えばステムを長いものに交換すれば、前輪の荷重が増えて後輪の荷重が減ります。
前輪の荷重が増えれば、フロントサスの沈み込み量が大きくなり、
後輪の荷重が減れば、リアサスペンションの沈み込む量も減ります。
この場合にはフロントサスペンションの空気圧やプリロード(必要があればバネレートの変更)を行ってサグの量を調整します。
その後にリアサスペンションのサグの量の変化を記録しておきます。
リアサスのサグ調整が必要な場合には、ちゃんと調整を行ってください。
購入当初は、その後に再度フロントの調整を行う必要がある場合がでてきます。
シーソーのような作業になりますが、前後ともに変化量を記録しておくと、
貴方のバイク特有の規則性を見つけることができます。

この作業の際には一度に二箇所(フロントサスとリアサス)の変更は行わないこと。
またタイヤ空気圧は前後同じ圧に固定しておくことが重要です。

空気圧を上げたり、プリロードを上げたりすれば当然バネが強くなるわけですから、
減衰設定の変更をしなければならない可能性がでてきます。
エアサスは、スチールスプリングと比較すると空気の特性から反発力はあまり強くありません。

この項つづく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
グリップ形状と、タイヤのパターンまで影響するとは
思いませんでした。続きが気になります。。

最近、セッティングに関する項目が多いような気が
しますが、問い合わせが多いという事でしょうか。
自分も人のことは言えませんけど(笑
ぐらしあ
2008/03/11 16:01
いつも 勉強させていただいております

要因を考えるとたくさんでてきますね!!!

いつもセッティングをする際気をつけています

お客様が好きな部品に変えた際も気をつけて

あっ!これをこう変えたらこう変わりますね

とっお話できるようにしたいなと・・・・・

続編楽しみにしております!!!!!
masuda
2008/03/11 17:30
こんにちは、ぐらしあさん。
グリップはちゃんとした握りをすると
横から握ることになります。
タイヤのパターンはグリップの量が多くなれば、
リバウンド側減衰を弱くすることができます。

このBLOGに何を期待されているのか?
フィギュアではありません。
でも3月3日分、アクセス数は多いです。(笑)
商品案内などは少ないのが現状です。
情報量が不足している部分なので、
どうしてもセッティングが多くなります。
大島
2008/03/11 18:09
masudaさん、こんにちは。
ありがとうございます。
2回くらい、跳びそうですが、ちゃんと書きますね。
大島
2008/03/11 18:11
グリップを横からとは仰る通りだと思います。
実は楽しくて楽しくてしかたない某バイクのM社レバーを
某D社の交換レバーに変更したら楽しくないバイクに激変したのには
驚きを隠せませんでした。
結局2Fingerから4Fingerタイプに近いタイプに変更した訳ですから、
相性的に合わないのも周知の事実だった訳ですが、
御社ご契約製品のStraightlineにも交換レバーが商品としてございますが、
あのレバーの指かかり具合を追求した製品は、
グリップを横から持つと逆に邪魔になりませんか?
慣れの問題もあるかと思いますが、
初めて使用して非常に気になりました。
大島さんはどう思いますか?
モナー
2008/03/12 00:30
こんにちは、モナーさん。
「指のかかり」確かに好みが分かれる部分ですね。
私はStraightline、意外に気になりません。
(ハンドルをつかむ感覚は、ストレートとコーナーでは
肩の位置や肘の角度が変わるため、微妙にかわりますよね。)

ただし一番オールマイティに使用できるのは
純正品で間違いありません。
かかりのそっけなさは置いといて。(笑)

MTBは趣味ですからデザインやカラーで遊ぶのもあり。
と柔軟に考えてみてください。
大島
2008/03/12 09:25
セッティングに影響を及ぼす要因 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる