ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS セッティングに影響を及ぼす要因 その2

<<   作成日時 : 2008/03/13 08:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

タイヤに関しては空気圧の調整が必要となります。
前にも言いましたが、フルサスペンションバイクではメカニカルグリップが発生しますから、
同じグリップ力を得たい場合にはハードテイルよりも空気圧を高くすることができます。
これは耐パンク性の向上に関しては大きなメリットです。
サスペンションバイクでセッティングを始める際においては
前後は同じ空気圧設定の方がセッティングの変化が捕らえやすくなります。
空気圧が前後で異なっていると、タイヤ内部の空気の圧縮率の違いによって、
変化する要因を増やしてしまうことになります。
(現実にはここまでシビアにやる必要はありませんので。知識として身につけて下さい。)

ハードテイルの時代には空気圧を変えることによって走る「路面状況」に対して
積極的に調整を行っていました。
現在は前後の減衰調整で対応することが多いと思います。これは正解です。
タイヤのパターンやサスペンションによって発生しているグリップ、ブレーキング性能は安定しているのですが、空気圧を下げることによって生み出したグリップ力やブレーキング力は変化しやすく安定していないのです。
(タイヤメーカーが設定している規定値内であれば、その影響はあまり大きくありません。)

比較的簡単に、しかも割と頻繁に調整するのは、シートポストの高さです。
下りになるとシートポストを下げる。
良く見かける光景です。
前後の重量配分がかわりますが、きちんとサグの設定ができていれば、
空気圧やプリロードの設定を変えるほどではありません。
しかしリバウンド調整が簡単にできるモデルなら積極的に利用してください。
特にリア側のリバウンド側減衰については、
登りで若干強く(遅く)しておけばと、ゆっくりとした入力に対するコンプレッション側減衰
(ロースピード側)が「裏技」的に強くすることができます。
(内部構造が特殊なものでは有効ではありません。)
しかしこれは速い入力(衝撃)に対してはダンパー自体の性能を低下させてしまうデメリットがあります。
下りではリバウンド側減衰を弱く(速く)して、サスペンションの仕事量を多くして有効に動かすというのも、ありだと思います。

濃すぎます?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
濃すぎません。
判らなくていつか感じたときの為に、
創造力を働かせることや知識を増やすことは
人間にとって重要なことだと思っております。
MTBの未来の為に重要です。
モナー
2008/03/13 15:03
こんばんは、モナーさん。
ありがとうございます。
今はなかなか難しいですよね。
なるべく平易に書くように努力いたします。
大島
2008/03/13 19:11
濃すぎでいて欲しい。
このブログ、向上心多い人が見てるはず…
小学生の頃、お手本ない中、親友と悩みながら駅前のオブジェに飛び乗っり、転がりまくったのを思い出します。
今の若者は恵まれすぎ。
素敵な見本が沢山。
特に、このブログ。
堀〇工務店
2008/03/13 20:51
こんにちは、堀○工務店さん。
ありがとうございます。

何をやってるんだか。(笑)
一部エリアでは高校生たちが読んでくれているらしいです。
ちゃんとセットアップできれば、
別物になることを知ってもらえればうれしく思います。
大島
2008/03/14 08:28
たのしく読ませてもらってます。
もっと濃いのも期待してます。
線図とか?
まさ
2008/03/15 22:38
こんにちは、まささん。
ありがとうございます。
線図?
ご希望があればお申し出ください。
大島
2008/03/16 08:33
セッティングに影響を及ぼす要因 その2 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる