ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 感覚で知るセッティング

<<   作成日時 : 2008/04/28 09:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

ある人のブログ、上級者のバイクに乗った感想に「かたいと思った。」とありました。

正確には、ゆっくりと沈み込むため、硬く感じるのというのが正解。
サグに達するまでの同じ沈みこみ量でも、
早く沈めば動きが大きく感じるため柔らかく感じます。
ゆっくり沈み込むと動きが抑制されるため硬く感じます。
速く走ることのできるセッティングは、感覚でいえば、硬くて戻りが速い。

これを間違えて捕らえてしまうとバネを硬いものに交換したくなります。

同様にリバウンド側減衰設定が遅すぎると、
ダンパーシャフトが戻ることができないまま、
次々に衝撃が入力されるため、突き上げ感やボトムが発生します。
このときに硬いバネに交換することも間違っています。

この問題を切り分けるために1Gダッシュのサグの設定が重要になってくるのです。
サグの設定が正しく、プリロードが二回転以下でボトムしてしまうのなら、
リバウンド側の減衰設定を疑ってください。
多分、強すぎる設定になっています。
その後にコンプレッションの調整をしていくことになります。
コンプレッション側減衰を極端に上げるとリバウンド側減衰を弱くする必要がでてきます。
このバランス調整がセッティングなのです。

ペダリング・ロスを失くす方向で、初期のコンプレッションをあげていくと
街中を走行しているとき、小さな突起を超えるときに突き上げ感があると思います。
これはテクニックや腕力でカバーしていく方向で解決してください。
動きで解決しようとすると、サスペンションに過度の動きを要求することになります。
ライダーの腕はサスペンション側の取り付け剛性の一部を担っています。
軽く肘をつかって、いなしていく。
軽いマウンテンバイク、ライダーも仕事をしなければなりません。

フォーク・インナーチューブに抵抗を失くすためにグリスを塗布される方がいます。
あまり成分の凝ったものを塗布すると内部のダンパーに影響を与える可能性があります。
基本的には動かないことでロックアウトやコンプレッション側減衰の発生を行っています。
抵抗をなくすことで、動いてはいけないところで動いてしまうようになると、
過度に動いてしまうロスが発生します。
どうしても塗りたいのなら、フロートフルードを塗ってください。
(体重の軽い方なら、フォームリングにフロートフルードを含ませ、軽く絞って装着するという手もあります。)
スムースに動くようになりますが、普通の体重の方なら、その速度域はペダリング・ロスが発生する領域です。

反応性の向上や安定性は重要なことですが、素人が考えるようなことは既にエンジニアは考えています。
メリットとデメリット、絶対にメリットが大きな方を選択しています。
またこの点に関しては、FOXはコストダウンをしない会社です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは大島さん、も、もしかしてその記事はウチの…?(滝汗)
この書き込みを読んでまたひとつ勉強させていただきました。自分は一時期「サスペンションが仕事するんだからタイヤの圧は高めでもいいよね」と思い込み、いつも快適だと思う2.2気圧から2.4気圧に上げて走った事もありましたが結果的にはNGでした。ただ、一緒する仲間の速い人たちは概ね高気圧で乗っていますから(おおよそ2.5〜3.0気圧)これは自分が慣れてないせいかもしれません、体重に比例してではなく軽い人も割と高めの設定です、自分は今のところ2.2気圧から変更する必要性は感じません、まだ「そのレベルではない」という事でしょうか?まあそれはそれで納得です(爆)
TJ
2008/04/28 21:44
早速、富士見に行きました。FrRr共に動き量がほぼフルストローク
だっので、まさにバネを硬く(空気圧アップ)をしてしまいました。
こんどは、バウンド側の減衰を硬くしてみます。
でも、手が痛いのはツライです。
たのしく走るセッティングを教えて頂けると助かります。
まさ
2008/04/28 21:56
TJさん、こんにちは。
多分、そうでは?(笑)
タイヤはタイヤで規定空気圧のレンジが指定されています。
これはこれで十分なテストをした上の推奨値です。
このレンジに収まるような設定でご使用ください。
空気圧が低いと転がり抵抗が大きくなります。
やはりサスペンションのような仕事もしています。
ファーストコンタクトはタイヤ。
サスペンションと同調、もしくは仕事をする範囲の分担がうまくできているのが2.2気圧なのだと思います。
セッティングが決まってくると、空気圧も変化していくと思います。
大島
2008/04/29 09:00
まささん、こんにちは。
うらやましい。今日も私は作業です。
バウンド側というのは紛らわしいので止めましょう。
コンプレッションもしくは圧縮側でお願いします。
まずリバウンド側減衰を抜いて(弱くして)みてください。
手が痛いというのはこれが原因。
手のどの部分かがわかると対策も変わってきますが、
とりあえず「楽しく」をキーワードに推測しました。
速くないのに痛いのなら、
「リバウンド側減衰設定が過剰」でほぼ間違いありません。
大島
2008/04/29 09:08
こんばんは大島さん、昨日は上級者チックな(硬い)設定でライドしました。ダンパーの抜けた中古車からスポーツカーに乗り換えたような違いですね!昨日のライドを反芻すると何となくですがリアのリバウンドが遅い感じがします、次回はリバウンドを抜く方向で設定します。速い人のバイク像(のようなもの)がおぼろげながら見えてきた気もします、いつもいつも「ヒントをもらえて幸いです」またよろしくお願いします。
TJ
2008/04/30 21:36
TJさん、こんにちは。
ちょうど一つ前の私のコメントと同じになりましたね。
リバウンドを抜くと初期の動きがまた変わります。
大島
2008/05/01 08:53
こんばんは大島さん、GWは暦通りなのでしょうか?お疲れ様です!
先日の設定でも前に進む感覚が強くなったので次のステップが楽しみです、今の設定では無理に(力いっぱい踏み込む)ペダリングをしようとするとやや反発を感じるので(これは自分の脚力不足の可能性も大きいです)この辺のフィーリングが改善されると嬉しいです、またライド後にレポートを書きますね、よろしくお願いします。
TJ
2008/05/01 20:51
TJさん、こんにちは。
リバウンドはスロー側のコンプレッションにも影響を与えますから、リバウンドを抜くと、全てがいい方向に行きそうですね。
これはセッティングがうまくいっているときのパターンです。
大島
2008/05/02 08:23
こんばんは大島さん、えっ?本当ですか?!(←疑ってるわけではないです…汗)それは本当に嬉しいし楽しみです!ちょっと前までの設定だと平地を移動するのが辛く感じてましたが最近は平地の移動が苦にならない感じです。気づくのが遅いのかもしませんが設定が正確に決まったバイクならば基本的にどんなシチュエーションでも過度の不満は感じないのかもしれません、これでまたひとつのステップを越えた気がします。
TJ
2008/05/02 21:35
TJさん、こんにちは。
ここで得られたものはあなたの知識として皆さんにお伝えください。
そうすることで、より理解が深まると思います。
大島
2008/05/03 10:56
こんばんは大島さん、えっ?こんなに教えを受けてるのに「自分の知識」だなんて言ってしまって良いものでしょうか???自信が無いので(爆)「大島さんから教えてもらった」ということでサス設定の布教活動をしたいと思います。耳を傾けてくれる人が少ないのも事実なのですが…(悩)
TJ
2008/05/03 21:35
TJさん、こんにちは。
頭を使って考える作業ですから敬遠されがちです。
電話などでもシンプルな回答を要求されます。
わからないと思い込んでいる人が多いのも事実。
TJさんが早くなることで説得力が増します。
頑張ってくださいね。
大島
2008/05/04 08:49
こんばんは大島さん、どひゃ〜!それはかなり重いプレッシャーですね。が、頑張ります…(冷汗)
TJ
2008/05/04 20:32
こんばんは大島さん、今日、ドロドロのトレイルを走ってきました、リアのリバウンドは前回よりも3クリックOPEN、その後フロントのリバウンドも3クリックOPENしたところ、サスの入りの動き(反応)が格段に良くなりました!リアのプリロードを1.25回転にしてますがこれはもうチョイかけても良さそうな雰囲気です、また次回のライドが楽しみになりました、あとちょっとで決定版の設定になりそうです(←これはチョット言いすぎでしょうか?そんなことはないと思いますが…)
TJ
2008/05/05 21:19
TJさん、こんにちは。
過剰なリバウンド側減衰設定は楽しさまでスポイルしていたことが、おわかりになられたと思います。8割の状態まで詰めていくと、その日の体調やコンディションによって「ぶれ」が出てくるようになります。
そこまで行けば本物です。
大島
2008/05/07 09:00
こんばんは大島さん、いや本当に今まで「リバウンド過多」だったんだなぁ、と痛感してます。「本物」いい響きですね〜、「お墨付き」を頂けた気分です、後は実力をつけるだけ?(←それが一番大変ですが…) これで「一段落ついた」感じですね、また迷宮に迷い込んでしまったら「補習」をお願いします!とりあえず現時点では「卒業」と思ってよろしいでしょうか?
TJ
2008/05/07 22:04
こんにちは、TJさん。
それで十分ですよ。
「卒業」、おめでとうございます。
大島
2008/05/08 09:44
こんばんは大島さん、ありがとうございます!これからも山ライドとセットでバイクセッティングを楽しみたいと思ってます、シャキシャキ動くバイクに合った乗り方に変えていくのも楽しみのひとつですよね、限界は無い、まだまだ精進します。
TJ
2008/05/08 21:18
こんにちは、TJさん。
楽しんで精進してください。
大島
2008/05/09 09:32
感覚で知るセッティング ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる