感覚で知るセッティング

ある人のブログ、上級者のバイクに乗った感想に「かたいと思った。」とありました。

正確には、ゆっくりと沈み込むため、硬く感じるのというのが正解。
サグに達するまでの同じ沈みこみ量でも、
早く沈めば動きが大きく感じるため柔らかく感じます。
ゆっくり沈み込むと動きが抑制されるため硬く感じます。
速く走ることのできるセッティングは、感覚でいえば、硬くて戻りが速い。

これを間違えて捕らえてしまうとバネを硬いものに交換したくなります。

同様にリバウンド側減衰設定が遅すぎると、
ダンパーシャフトが戻ることができないまま、
次々に衝撃が入力されるため、突き上げ感やボトムが発生します。
このときに硬いバネに交換することも間違っています。

この問題を切り分けるために1Gダッシュのサグの設定が重要になってくるのです。
サグの設定が正しく、プリロードが二回転以下でボトムしてしまうのなら、
リバウンド側の減衰設定を疑ってください。
多分、強すぎる設定になっています。
その後にコンプレッションの調整をしていくことになります。
コンプレッション側減衰を極端に上げるとリバウンド側減衰を弱くする必要がでてきます。
このバランス調整がセッティングなのです。

ペダリング・ロスを失くす方向で、初期のコンプレッションをあげていくと
街中を走行しているとき、小さな突起を超えるときに突き上げ感があると思います。
これはテクニックや腕力でカバーしていく方向で解決してください。
動きで解決しようとすると、サスペンションに過度の動きを要求することになります。
ライダーの腕はサスペンション側の取り付け剛性の一部を担っています。
軽く肘をつかって、いなしていく。
軽いマウンテンバイク、ライダーも仕事をしなければなりません。

フォーク・インナーチューブに抵抗を失くすためにグリスを塗布される方がいます。
あまり成分の凝ったものを塗布すると内部のダンパーに影響を与える可能性があります。
基本的には動かないことでロックアウトやコンプレッション側減衰の発生を行っています。
抵抗をなくすことで、動いてはいけないところで動いてしまうようになると、
過度に動いてしまうロスが発生します。
どうしても塗りたいのなら、フロートフルードを塗ってください。
(体重の軽い方なら、フォームリングにフロートフルードを含ませ、軽く絞って装着するという手もあります。)
スムースに動くようになりますが、普通の体重の方なら、その速度域はペダリング・ロスが発生する領域です。

反応性の向上や安定性は重要なことですが、素人が考えるようなことは既にエンジニアは考えています。
メリットとデメリット、絶対にメリットが大きな方を選択しています。
またこの点に関しては、FOXはコストダウンをしない会社です。