FOX 2009 32シリーズ

画像

2009 32シリーズの変更点について調べながら驚きました。
2008モデルと外観はそっくりなのですが、2009モデルはクラウンもボトムケースも金型変更してます。
削りの変更ではありませんでした。おまけにステアチューブも変わっている・・・。
並べた写真を見ると、クラウンのフォルムの違いがなんとなくわかります。
(左が2008、右が2009)

Fシリーズ系で88g軽量化。
ボトムケースは内側のマシニングの工程見直しでフリクションを低減化。

全体の強度も上がっており、曲げやねじれの剛性も向上させています。

15QRはスタンダードなRLCよりも100g程度重いのですが、
ホイールまで含めたトータル重量では軽量化されているようです。
軽量化というよりも、横剛性とねじれ剛性の向上にウェイトが置かれています。
日本のXCコースでも下りの時の安定感が増すのは有効なアドバンテージになると思います。