ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS ウェットコンディション・セッティングのヒント

<<   作成日時 : 2008/06/04 19:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

ウェット・コンディションの場合、直ぐに思いつくのはリバウンド側減衰を強くすること。
実はこれ、“両刃の剣”なのです。

何度もお話しているように、
リバウンド側減衰設定を強くすると、コンプレッション側減衰が強くなる副作用があります。
タイヤがグリップを失った時にタイヤの挙動を掴み易くしたい。
対処する時間が欲しい。
気持ちはよくわかります。
しかしサスペンションに動いてもらうことによって安心感を得る方法があるのです。

エアサスの場合、減衰設定はそのままで少しだけエアを抜く。
これは5PSI程度で構わないと思います。サグを大きくするのです。
減衰はそのままの設定でストロークする量を多くするわけです。

距離(≒時間)X力=減衰力 ですから

力はそのままで距離を長くとることによって減衰力(効果)をあげるのです。

バネサスの場合はプリロードを抜く。(緩める方向に半回転)
あまり抜き過ぎると、バネの活性が損なわれますので気をつけて。

サスペンションをより多く動かす。

これがもう一つのテーマになります。
コンプレッション側減衰の設定を緩めるのも有効な手段。

DHX 5.0はプロペダルダイアルを緩める。
もしくはプロペダルダイアルはそのままでブースト圧をわずかに下げる。
設定はそのままでバネレートを換えて、プリロードを上げ気味にする。

RP23なら通常は2設定なら1に変更するなどの対策ができるわけです。

フロントも同じように調整してみてください。
エア圧の変更、プリロードの変更、バネレートの変更などを利用することができます。

Xならスレッショルドを緩める。
RLCならコンプレションダイアルを緩める。
RC2ならば、ロースピード側のコンプレションを抜く。
などの対策が考えられます。

リバウンド側だけに頼らない。

これが重要です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
大島様
このブログ毎日楽しみにチェックしています。私はまだまだ理解するのに必死の状態ですので読んでは実践の繰り返しです。
この回と先回に出てくるスレッショルドとは何をさすのでしょうか?
FOXのウエブマニュアルも見てみたのですが、なにぶん初心者なので解かりませんでした。皆さんよくご存知なので正直恥ずかしくおもいますが、よろしくおねがいします!
tom
2008/06/05 23:43
tomさん、こんにちは。
スレッショルドはフロントフォークのX系についてる、“入力される衝撃の大きさ”に対してストローク動作を開始させるタイミングを調整する機能。
RLCについているブローオフはロックアウトを解除させるタイミングを調整する機能。訳がわかんなくても大丈夫。自分で使って調整をすれば、なんとなくわかります。
大島
2008/06/06 09:21
有難うございます。F100Xのマニュアルではプロチューンと書いてある、青色のノブのことですね。すっきりしました。
今は標準6クリックで乗っていますが色々試してみることにします!
tom
2008/06/06 10:48
tomさん、こんにちは。
色々と遊んでみてください。
意外に楽しかったりします。
大島
2008/06/06 12:12
なんとなく過去ログを見ていて、気が付きました。自分の車はT社の大型四駆。冬は純正ショックの設定をノーマルに、夏はスポーツにしていました。理由は、嫁の車(T社のターボ付ステーションワゴン)に乗ってみて、冬の圧雪道路は、柔らかめ設定の自分の車の方が滑り出しが遅く感じたからでした。普段体験していたにもかかわらず、自転車に反映できていなかったなあと。学生時代の勉強の話も思い出し色々考えさせられます。
のぶ
2009/11/14 10:52
のぶさん、こんにちは。
話題のT社。ダンパーをソレノイドを使って制御しているようです。
コンプレッション側減衰、リバウンド側減衰ともにコントロールしているのではないかと思います。ホイールを交換すると、バネ下重量が変化しますから、インチアップなどした場合などには具合が変わります。
経験された日常生活でのサスペンションの変化。
大人数で乗った場合と一人で乗った場合でも大きく変化します。そんなときに思い出してみてください。色々反映できるかと思います。
大島
2009/11/16 16:06
ウェットコンディション・セッティングのヒント ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる