サスペンション・セッティングのメリット

サスペンションのセッティング。
「なんかめんどくさそうだな。」
「適当に空気を入れて、ついているダイアルを少し回しておけばいいじゃない。」と思うことはある意味で正解。
仕方のないことだとも思います。
知らないこと、慣れないこと、手間のかかりそうなことをするときには抵抗感がつきもの。
(この習性を意識して積極的に動くようにすると人生変わります。本当。)

「速く走りたいわけじゃないから別にいいじゃん。」
いやいや実は違うところにもメリットが生まれます。
「快適になるんだろ?」
これも正解なのですが、“突き上げ感”がなくなるなどについては既に言及しています。

さて、ほとんどの方がモーターサイクルに乗ったことがあるかと思います。
「原付は思うとおりにコントロールできるのだけれど、中型・大型では原付で得られたような一体感がなかった。」
とお感じになられている方。
とても、いい感性をお持ちです。
では何故か?
「原付は排気量や車体が小さくて精神的にもリラックスして乗れるから。」
これも正解なのですが、一番大きなファクターではありません。

実はバネレートとダンパーの設定が大きな要因となっています。
原付と大型・中型との違いは?
そう正解は“二人乗りできる”という点。
標準的なモーターサイクルはバネレートが約70kg×2+荷物で設定されているのです。
これは車体重量が大きなウェイトを占めているため可能なセッティング。
しかし一人で速く走るためには高すぎるバネレートなのです。
原付は二人乗りをほぼ想定していません。
大型バイクよりもコントロールしやすい理想のバネレートに近い設定になっているのです。
(そのため原付にレース・スピードを求めると、とんでもなく難しい乗物になります。)

マウンテンバイクで同じような状況を想像してみてください。
DHバイクで体重140kgオーバーと同じに相当するバネレートの設定をすれば、曲がらない・衝撃が緩和されないなどの問題が当然でてきます。
マウンテンバイクは車体重量が軽く、前輪から後輪への荷重の受け渡しなどの際に、バネレートや減衰の調整などの影響がシビアに表面化します。

ちゃんとしたセッティングができれば、

①マウンテンバイクが小さく感じられるようになります。
②曲がりやすくなります。
③ブレーキが効くようになります。
④気持ちのいい一体感が得られます。

まだまだメリットはありますが、これについてはまたの機会に。

私は1000ccのバイクを、完全に私専用のセットアップにしてもらって乗ったことがあります。
アクセル一つで瞬時に前後の荷重分布を変化させられるという驚きもありましたが、一番の感動は車体が異様に小さく感じられることでした。自分が数段上手くなったような錯覚。とんでもない快感がありました。

マウンテンバイクはこの快感を比較的低価格で実現できます。
自分だけの、自分らしい、正統なカスタム、ワンオフなマウンテンバイク。
調整機能がついていれば多少面倒ではありますが、出費が0円で実現できます。
週末、少しだけ面倒なことをしてみませんか。