DHX RC4 ボトムアウト、HSC、ブースト圧との関係

サグをきちんと設定しているのにリアサスがボトムしてしまう。
こうした場合にはどうすればいいのか。
ドロップオフなどで抜重に失敗しているのなら、これはご自身の腕の上達が一番の解決法。

では一般的なセットアップ方法は?

走行する場所はパノラマとします。
ブースト圧は150~160PSI。これは一定のままとしてください。
これでサグだしをしてください。

高速区間で一番速くて快適な設定はリバウンドを全開放にした状態。
ただし下のテクニカルなセクションでは恐い思いをします。リバウンド側減衰を下の区間に合わせると、高速区間で走り難くなります。それをカバーするため、ボトムアウトを一回転半締めこむと、今度は前に出すぎる感覚が生まれてくるはず。(これはかなりの上級者まであてはまります。)
ボトムアウト、開放から0.5~1.0回転締め込みまでが、社会人ライダーに向いているようです。(誰もが簡単に設定できるよう、あえて締め込みから何回転戻しの表記にしていません。)

HSC(ハイ・スピード・コンプレッション)は技量によって設定値が異なってくるはずです。自分にあった位置を見つけることが重要ですが、リバウンドの設定によっても左右されます。(オイルの流量が変化するため)

リバウンドが強ければ、コンプレッション側の設定は弱めになるはずです。
リバウンドとコンプレッション、ともにオイルの流れを制限することによってその役目を果たしています。つまり入力されたスピードや力の大きさにあった対応をするセクションなのです。

ボトムアウトは気室の大きさを変えることによって、その効果を変化させることができます。
ストロークをしてきたシャフトがタンパー内部に入り込みます。(この入り込みのスピードをコンプレッションで調整します。)その際にリザーバー側に押し出されたオイルが、リザーバー内にある空気とオイルを隔てているIFP(インターナル・フローティング・ピストン)を押し上げます。

気室が小さければ加圧されている空気は圧縮されにくくなります
気室の設定が大きければ、空気は圧縮されやすくなります。

つまり踏ん張り感が欲しければ、ブースト圧やボトムアウトの調整をすることになります。
シャフトの入り込んだポジション(位置)に対して反応をして、コンプレッションの機能を生み出しているわけです。(実際にはオイルが戻る際の流れもリバウンドとしての機能を果たしています。)

LSC(ロー・スピード・コンプレッション)の設定はペダリングロスとブレーキング時の前後タイヤ間の荷重移動するスピードにあわせて設定してください。

この一連のフローを繰り返していけば、正しいセットアップを見つけることができるかと思います。


この項、かなり言葉足らずで、意味不明的な記述であったと反省。
加筆訂正版を2011年11月17日に再録してありますので、よろしければご参照ください。
http://mamapapa.at.webry.info/201111/article_13.html