09モデル RL-Remoteのトップキャップボルト

画像

画面の右側、ステアリングコラムの下側にリモート用ワイヤーを固定するための金具が取り付けられています。

写真の上側、手に持っているパーツがボルトで固定されている本体です。(取り付けた状態を上から見ると前方後円墳のような形状。)小さなボルトの頭の下面で、その“前方後円墳”の円部分のエッジを押えているだけの構造なのです。
写真では5本のボルトが使用されていますが、時折4本だけで固定されているフォークがありました。
ボルトの取り付け忘れではありません。物理的にボルトが取り付けられない状態になっているのです。

ネジで固定されるトップキャップ。ボルト固定用の穴は6つ開けてあります。
そのため、ボルトがどの位置にくるのかは60度の幅を持つことになります。
(ネジ穴が6つ、360÷6=60となります。)

ある位置にボルト穴が位置すると、円の部分と長方形がつながる部分がボルト穴を一つ多く塞いでしまうのです。
完全に塞いでくれれば問題はないですが、ボルト穴は見えるのだけれどボルトを取り付けると、そのボルトの頭がパーツに干渉してしまうような状態になっています。物理的にボルトを取り付けることができません。

ワイヤー固定の金具でワイヤーの位置が決められています。また前方後円墳の下側はダンパー上部に差し込む形状になっています。ボルトの役目は前方後円墳の上部を押えるだけのため、4本のボルトでも十分な役目を果たします。またボルト穴の下側は塞がっているため、穴が開いた状態でも問題はありません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス