ドリフト遊び (ハードテイル限定です。)

リアサスペンションによってタイヤのグリップ力が向上したリアホイールは、バイクが前方に進んでいる限り、絶えず前輪を前に押し出そうとします。これはコーナーでも変わりはありません。前輪に舵角を与えることによって、その力を曲がりたい方向に修正する作業がコーナーリングなのです。

様々な箇所で発生している力の向き(=ベクトル)が合成されて、一番合理的で無理のない方向にMTBは進んでいきます。後輪を傾けるアクションを起こせば、直進している時とは異なる力の向きが生まれます。
後輪を傾けた瞬間、前輪はまだ直進を続けようとする力が働いています。後輪が先にコーナーリングの体勢に入り、コーナーの曲率に合わせた角度まで車体をバンクさせます。遅れて前輪がその曲がりたい角度まで切れ込んでいくことになります。

車体を傾けたとき、前輪はまだ直進を続けています。この瞬間が“あて舵”と呼ばれている状態です。
昔のモーターサイクルではホイール径が大きく、ジャイロ効果の影響も大きかったので、まずは後輪を傾けることを目的とする“きっかけ”として、意図的にハンドルを曲がりたい方向とは逆に向かって切るようなアクションを与えていました。現在は後輪に十分な荷重をかけることによって、あて舵を意識することなく曲がることができるようになっています。(後輪を傾けることによって、その後に前輪はあて舵状態になります。順序が逆になっただけ。)

ハードテイルのバイクを使用します。
土の上、ゆっくりとしたスピードで、後輪を腰で軽く捻るようにして倒して下さい。
前輪が遅れて曲がりたい方向に切れていくことが体感できます。

土の上、ある程度のスピード(10km/h)で左に曲がるとき、まず右ひじを上げて、体はバイクの右側に残しながら、腰でバイクを急激に倒しこみます。
後輪がグリップを失います。右ひじを上げることによって、カウンターステア(実際には、前輪は進行方向に向けた状態です。後輪が外側に流れているため、逆にハンドル切っているように見えます。)を意識せず行うことができます。

注意点:
1.もちろん左側のペダルは上げた状態でお願いします。
2.前輪側のブレーキレバーに指をかけないでください。
3.安全のため後輪側のブレーキレバーに指はかけておきますが、この作業では使用しません。
4.路面状況がフラットでグリップが一定に発揮できる安全な場所で行ってください。
5.他の人に危害を加える可能性のない場所で。
6.最後になりましたが、トレールや自然にダメージを与える場所では行わないこと。


こわい!と思ったら、更にバイクを傾けて下さい。
失速しながら、左ペダルが地面に接地しスピンをするようにゆっくりと後輪が流れて停止します。
くどいようですが、ブレーキは使用しないようにしてください。

無理をしないことが重要です。
この行為を行うか、行わないかは、あなたの判断です。
“お約束”となりますが、自己責任においてお楽しみ頂くようお願いいたします。

慣れてくれば、スピードを上げることができ、それ程バイクを傾けることなく意図的に後輪のグリップを失わせることができるようになります。ある程度斜度のある場所(人や車がこない林道が最適)でなら、ドリフト走行を楽しむことが可能になります。(後輪をスリックにして遊ぶという方法もあります。)

グリップの有無に係わらず、バイクを押し出そうとする力、前輪の舵角、重力の影響など、複雑な力の合成が上手くできた時、安全が確保できた状態で自分のイメージと同じ、もしくはそれ以上のコーナーリングができるということを体感、会得するための遊びです。


何故、ハードテイル限定なのか?

リアサスでこの遊びをしようとすると後輪のグリップが向上しているため、恐ろしいスピード領域でないと不可能な遊びになります。
XCレース用ハードテイルバイクでは行わないこと。間違いなくフレームの劣化が急激に進行します。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス