ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS TALAS、空気の入れ方

<<   作成日時 : 2011/01/19 20:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 8

2011 32 TALAS 140 TERRALOGIC FIT WHITE 15QR 1.5 TAPER DISCを購入し、FOXサスペンションポンプを使用しているのですが、フォークを140にしてポンプを接続するとポンプの口金のローレット部分がTALAS調整ダイヤルにゴリゴリと当たるのですが、これは正常なのでしょうか?
ちなみにポンプのエアゲージの裏には0906と書いたシールが貼っています。
ポンプの型式が古いのでしょうか?

というご質問を頂きましたので回答させていただきます。


画像

ポンプのチャック(取付金具)は昔から形状が変わっていません。
したがって、ポンプ形式の問題ではありません。

チャックの大きさに違いがあるかのように写っていますが同じ大きさです。



画像

140mmの状態でエアバルブキャップを取り外すとこんな感じにバルブは凹んでいます。
このままでは間違いなく“ゴリゴリ”いきます。



画像

このようにバルブが出ていれば、問題なく空気が入れられそうです。

写真は110mmにストロークダウンした状態なのです。
ダイアルをストロークの短い状態に設定すると、エアバルブ部が押し出されてきます。



画像

これが140mmの状態。
やはりエアバルブ部は凹んでいます。

「140mmでサグを設定してください。」とお願いをしています。
このままでは空気を入れることは困難です。
どうすればいいのか?



画像

トラベルアジャストの方法を思い出してください。

1.ダイアルを回す。
2.ストロークさせる。
これだけの作業でトラベルを短くすることができます。

140mmの状態でダイアルを回せば、その瞬間にエアバルブはポップアップします!
ダイアルを回した後にストロークさせなければ、チャックを取り付けることができます。
(写真は“140mm”でダイアルを110mmの位置にセットした状態。)

トラベルを伸ばす際、ダイアルを回すと自動的にインナーチューブが伸びます。
しかしトラベルを短くするにはダイアルを回した後、ストロークさせなければなりません。
そのため勘違いされたのではないかと思います。



140mmの状態でも、わずかですがダイアルとチャックが干渉する場合があります。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い 面白い

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
大島さん、こんにちは。
これは自分も最初戸惑いました(笑)
でもあれこれいじっている内に、ストロークを短くしたらバルブが「デベソ」のように飛出す状態になって口金がセットしやすくなり、しかもキャップが取外しやすい事にも気付きました。
自分で考えて試すことが大事と実感しました。

>トラベルを伸ばす際、ダイアルを回すと自動的にインナーチューブが伸びます。

エア圧50PSIでトレールを実走したときは、ダイヤルを回してもフロントを持ち上げて(自重にて)伸びきらせないと短いままだったので、マニュアルの記載どおり伸ばす際はフロントを手で持ち上げるものと思ってました。
考えて試すことが大事。またまた勉強になる記事で目から鱗です。
呑むっち
2011/01/19 21:43
ありがとうございます。大島さん。
呑むっちさん、こんにちは。
あまりに初心者な質問を取り上げてくいただき、恐縮です。

>ポンプのチャック(取付金具)は昔から形状が変わっていません。
したがって、ポンプ形式の問題ではありません。

なるほど。私は以前05 float RL をオークションで購入し、ポンプが
付属していなかったためT社のゲージなしポンプを使用していたんですが、
11 TALAS を購入後不便に思い、FOXサスポンプを手に入れました。
FOXポンプの使い勝手の良さに感動したんですが、エアキャップを外すには
トラベルを110に設定しなければ外しにくかったので、110でサグを
とっていました。

なかなか設定が決まらず苦労していたのですが、こちらのブログで
「140mmでサグを設定してください。」とあったのを拝見して、
自分なりの解釈で110でチャックをつけ、140に設定してサグを取り、
ダイアルのみ110に戻してチャックを外すということをしていました。

そうしているうちにまたふつふつと疑問が・・・
ひょっとしてチャックをつけたままダイアルを140に回すと、
エアバルブが引っ張られバルブに損傷をあたえるのではないか・・とか、
新しいポンプはダイアルに接触しないような形状になっているのでは・・とか。
この方法であっているんでしょうか?

最初からこのように質問するべきでした・・・
写真もいっぱい撮らせてしまって。すいません。

どうか、よろしくお願いします。
はだしの雪男
2011/01/20 09:38
呑むっちさん、こんにちは。
>ストロークを短くしたら
本文中でも申し上げましたが、正確にはダイアルをストロークの短い位置にすると“デベソ”になります。

>エア圧50PSI
70PSIもあれば自動で戻りますが、50PSIでは厳しいかもしれません。ただ走行すれば最長の位置になるはずです。

私も考えて試すことは重要であると思います。
大島
2011/01/20 21:59
はだしの雪男さん、こんにちは。
スプリングを使用していますが、チャックをつけたままでダイアルを回しても干渉してしまうため、壊れる程内側に引き込むような力は発生しませんのでご安心の程を。
これで正確なサグを設定することができるかと思います。楽しんでご使用ください。
ご質問、ありがとうございました。
大島
2011/01/20 22:06
大島さん、ありがとうございます!!
忙しいところ、感謝しております。
おかげさまでもやもやがすっきりしました。
はだしの雪男
2011/01/21 15:48
はだしの雪男さん、こんにちは。
こちらこそ、ありがとうございました。
今後共、宜しくお願い申し上げます。
大島
2011/01/21 20:13
大島さんこんにちは! うちの古いタラスも上記方法で簡単にエア調整が出来るようになりました。
最近のブログも目が離せないですね!  楽しみにしています。
クメシン
2011/01/27 22:36
クメシンさん、こんにちは。
ありがとうございます。
バネ式になっているものは、TALASVなので古いTALASではありませんよ。
今後共、宜しくお願い申し上げます。
大島
2011/01/28 20:03
TALAS、空気の入れ方 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる