サスセッティング、足し算ではなく引き算も重要

入力された衝撃に対してコンプレッション側の減衰が強すぎれば、ダンパーシャフトの動きが邪魔をされてスプリングが動くことができなくなります。ダンパーシャフトを動かすことができなかった力はリンク部を介してバイクに伝わります。

入力された衝撃に対してコンプレッション側の減衰が弱すぎれば、ダンパーシャフトは過剰に動くことになります。
その結果、ボトムしやすくなったり車体の上下動が大きくなったりします。
車体の上下動が大きくなるとバイクが前に進もうとする力は邪魔されることになります。

衝撃を受けて戻る際のリバウンド側減衰が弱ければ、ダンパーシャフトは短い時間で元の位置に復帰することができます。しかし短い時間のため伝えることのできる情報量が限られてしまうことになります。その結果ライダーに詳しく路面情報を伝えることができなくなり、接地感と呼ばれる感覚が弱められてしまい不安定さを感じるようになります。

リバウンド側減衰が強すぎれば、ダンパーシャフトは長い時間をかけて元の位置に戻ることになります。
ひとつの衝撃に対してライダーに伝えることのできる情報量が増えるため、安心感は増えます。
しかし残念ながら強過ぎるリバウンド設定はメリットだけではありません。
元の位置に直ちに戻ることのできないダンパーシャフトは、次の衝撃に対して戻ることのできた部分で対応することになります。スプリングは圧縮された状態では、それ以下のエネルギーの入力対して反応することができません。するとその入力は連続した小さな突き上げ感となってライダーに伝わります。
オフロード走行の場合、衝撃は連続して車体に入力され続けますから、衝撃に対してダンパーシャフトの動くことができる量が次第に制限されていき、最後には動くことができなくなります。そこに大きな衝撃が入力されれば、大きな突き上げ感となってライダーに伝わるわけです。

突き上げ感の原因、コンプレッション側が強すぎるケースとリバウンド側が強すぎるケースの二通りがあるということはご理解頂けたと思います。問題を解決するためには、どちらが原因となっているのか正しく見極める必要があります。(正しいサグ設定になるように適正なバネレートを選択しているケースに限ります。)

典型的なケースとして
「平地では良く動いているのに、オフロードを走行すると動かない感じがする。」
これはリバウンド側減衰が強すぎる可能性があります。

「平地では無駄な上下動がなく快適に走ることができるのだが、オフロードではバイクの姿勢が安定しない。」
コンプレッション側減衰が強すぎる可能性があります。

発生している症状を緩和していくために、更にリバウンドを!コンプレッションを!といった設定は間違っている可能性があります。締め込んでいってしまうと状態は悪化する一方。緩める方向も検討してみてください。
足し算ではなく引き算も重要な場合があります。