CHUMBA RACING EVO G2 もう少し詳しくお見せします。

画像















リアエンドで、リアセンターの寸法をアジャストすることができます。
ディスクマウントと一緒にスライドします。



画像














BB幅一杯に加工されたダウンチューブ。
クランクからの入力による影響を少なくするための処置。

チェーンステーのリンクに繋がる部分の加工はZULUを思い出させます。
アルミブロックをCNCで加工した後、蓋になる板を溶接。



画像














ダウンチューブの加工が凄いことになっています。(断面、○の部分無し!)
BBの付け根からヘッドチューブ、下側から見るとタワーのようです。
それを表現したいと思い、何枚も撮影したのですがうまく表現することができませんでした。
その中の一枚がこれ。
瓢箪から駒、リンクのアルミ感がうまく表現されています。
実物はピヴォット部のレッドが映える、甘くてセクシーな感じです。