突き出し量について

今のダウンヒルバイクはキャスター角が大きめの設定(ヘッドが寝ている状態)ですから、静止状態ではフロントサスペンションのスプリングに対して力が入り難くなっています。適正なスプリングレートを選択していない場合、十分なサグの量を得ることはできません。
対策として突き出し量を増やす対策を取る方が多いようですが、これは手順が間違っています。

いきなり突き出し量を多く設定すると、ライダーが乗車する前からBBは想定された高さよりも下に位置することになります。乗車すれば体重分の沈み込みが発生し、BBの位置は更に下がります。その結果、極端な低重心となり、ハンドリングに欲していない粘りが出てしまうことになります。

前に荷重をかけたい。ハンドル高を下げたい。よりクイックなハンドリングが欲しい。
根本にある欲求の正体はほとんど同じ要因です。
まずはスプリングのレートを下げることが最優先事項となります。

この後に

突き出し量を変更してキャスター角を減らす。
トラベル量を減らしてフォークの全長を短くしてキャスター角を減らす。

の二者択一をする方がベターであると考えます。

「フルストロークしてもブレースなどに干渉しない。だから突き出し量を多くする。」
干渉しないことは重要なのですが、忘れてしまっていることがあります。

ジャンプをします。ヘッドアングル違いを考えてみてください。
突き出し量が多ければ、アッパークラウンから前輪車軸までの長さが短くなり、キャスター角が立ちトレイル量が減ることになります。これは着地時にハンドルがとられやすくなることを意味しています。
スプリングレートで調整したフォークは沈み込み量を増やすことで、その長さ(アッパークラウンから前輪車軸までの距離)を一時的に短くしています。空中に飛び出した瞬間に元の長さに戻っているわけですから、着地時における安定感に大きな差が出ることになります。
またいつでもハンドルを真っ直ぐに保持できるわけではありませんし、意図的に舵角をつけて着地しないと速く走ることができないコースも存在します。

正しいスプリングレートを選び、LOW SPEED側のコンプレッションをペダリングロスや衝撃による失速感がなくなる程度まで締め込み、落ち込みやガレ場などでの急激な姿勢変化にフォークが対処できるようにHIGH SPEED側のコンプレッションを締め込みます。
後は走行中に体が前に行ってしまう感覚がなくなるようにリバウンドを弱めていけば設定が完了します。

できる限りフレームを設計した方の意図を正確に反映させた方が速いバイクに仕上がります。