ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS プリロードとバネレート

<<   作成日時 : 2012/06/13 13:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日は急ぎの要件を解決することにお付き合いください。
これが40のプリロードをコントロールするトップキャップ。


画像
普段はフラットになています。


画像
これが3クリック(一回転)かけた状態。ほとんど出てきていません。


画像
これが10クリックかけた状態。4.14ミリ出てきています。ちなみに20クリックかけると9.14ミリ出てきました。
0.25インチ=6.35ミリにするためには14クリック程度のプリロードが必要になりそうです。


画像
一杯にプリロードをかけると、スペーサー(0.5インチ)と同じくらいの長さになります。
ある意味、よく考えられています。


画像
30lbs/inchが40用のブラック、35lbs/inchが40用パープルになります。横軸の数字がストロークする量になります。


画像
このグラフはプリロードが0の状態と0.25インチと0.5インチを比較したもの。
同じく横軸の数字がストロークする量になっています。 上側に平行移動しているのがご理解いただけると思います。違うバネレートのグラフは異なり、同じ勾配となっています。プリロードを上げても、バネレートは変わらないということもわかります。


画像
30lbs/inchが40用のブラック、35lbs/inchが40用パープル、その間に位置するのが、ブラックに0.25インチのプリロードを与えたものになります。


画像
このグラフはブラックとパープルの間の、存在しない32.5lbs/inchのスプリングとブラックに0.25インチのプリロードを与えたものとを比較したグラフとなります。わりとよく似た動きなのですが、極初期にはプリロードを与えたブラックの方が硬く、数値上も逆転しています。しかしその範囲は1Gダッシュで使ってしまっている部分のため、その影響は感じ難くなっています。

リアサスのスプリングとは単位が一桁違う世界になるフロントサスペンションのスプリングですから、プリロードは二回転半までの制限があるリアサスとは異なり、多少多めにプリロードをかけても問題はありません。

こうした計算などでシミュレートする際にはできるだけ使用されている状態のデータが必要になります。
サグの量や設定を記録することは面倒であっても行ってください。
速く走る方法を考える上での手助けになります。


過去に何度もプリロードについてお話しています。
トップページの真ん中、左寄りのセッティングをクリックすると探しやすくなっています
http://mamapapa.at.webry.info/200902/article_5.html
などが参考になるかと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
プリロードとバネレート ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる