突き出し量、スプリングレート、ハンドリングの関係

突き出し量を極端に多くしてサグを出すのは正しい方法ではありません。

突き出し量を減らすと聞いた瞬間に“ヘッドアングルが寝る!”と拒否反応を示すのは止めにしましょう。

突き出し量を多くする設定は、アッパークラウンの下から前輪車軸までの距離を短くするということになります。
実質的にフロントフォークの全長を短くすることと同じですから前側に重心が残りやすくなります。
バネレートが高いままであると、前に残った荷重がストロークしようとするフォークをサポートしてくれ、それなりに走れてしまうため、その間違いを意識することが困難になります。

スプリングレートを落とし、突き出し量を減らし、サグを確保するという方法が正しい対処となります。

スプリングレートを落とせば、沈み込み量(サグ)を増やすことができるため、乗車時のフォーク全長が短くなりますから、突き出し量を減らしても同じような位置にハンドル高を設定することができます。通常使用における基本的なハンドリング特性はほとんど変化しません。

サグを増やすということは、前輪が滑った時などにフォークの伸び上がる量が増加するということですから、対処することのできる時間(=距離)を長くすることが可能になります。(フィジカル・バーストみたいなもんです。謎?)
また力×距離(=運動量)は等しくなりますから、少々乱暴ですがリバウンドの設定×サグの量と置き換えれば、リバウンドの設定を弱くすることができるため、連続したキャップなどでの突き上げ感を減らすことができます。

荷重が抜ければ、フォークは元の長さに戻ろうとするため、全長が伸びます。
瞬間的にヘッドアングルが寝る(路面に対するフォークの角度が小さくなる)ため、直進安定性が高くなります。
直進安定性が高くなるというと、ポジティブなイメージとしてストレートで安定する、ネガティブなイメージとして曲がらなくなるといった発想に結びついてしまう方が多いと思います。直進安定性、これも柔軟な思考を邪魔してしまうキーワードになっているようです。

“直進安定性が高くなる”

言い換えれば、行きたい方向へ切ったハンドルを保持しやすくなります。
真っ直ぐに行こうする力が強くなるため、岩などの障害物に弾かれ難くなります。
安定したハンドルは行きたい方向へ切りやすくなります。
そう、パノラマの“ガレ場”での有効な対処法となるのです。

ハンドル位置を低く設定すると前輪の荷重が増加します。
実際に経験したことなのですが、フレーム、ハンドル、ステムなどの組み合わせによってはスプリングレートで一段階柔らかくした場合と同じ量のサグを増やすことができます。

スプリングレートを落とし、突き出し量を減らし、サグを確保するという方法は、結果として上半身の自由度が高くなるため、前荷重の出し入れが容易になり、積極的にコントロールすることが可能になります。積極的なコントロールができないレベルの方であっても、バイクに乗ることが間違いなく楽しくなるとお考えください。