ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS DHのセッティング(ドライコンディション) 最新版

<<   作成日時 : 2012/08/15 16:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

低速側と高速側に分離されたシステムによって、コンプレッションを多めにかけた方が良い結果を得られることがわかってきました。シーズンが進むにつれて日本を含めた各ライダーの設定が多めのコンプレッション設定に振れてきています。

リアサスペンション DHX RC4

サグ : RC4の場合、ほとんど全てのライダーが25%以上の設定です。

プリロード : 1回転半が主流。

リバウンド : 開放から5クリックから8クリックの間
当然のことながら、使用しているスプリングレートが高い程、多めの設定になっています。

コンプ Low :開放から2クリックから8クリック
1Gダッシュのバネレートが適正であれば、5クリックあたりから始めてください。

コンプ High :開放から6クリックから10クリックの間
コースがハードな海外でのレースでは10クリックも珍しくありませんが、日本ならば6〜8のレンジでいけると思います。

ブースト圧 : 140psi〜160psiの設定

ボトムアウト :開放から半回転締め込み
意外な程、容量の大きな状態だと思います。


フロントサスペンション 40RC2

サグの量 :特殊な走行条件で13%強(ウェットでは無理です。)、平均で15%以上。
8インチならば、30mmは取っていることになります。

プリロード :開放から2クリック〜5クリック

リバウンド :開放から5クリック〜8クリック (8クリックは通常は過剰となるはずです。)

コンプ Low :開放から3クリック〜8クリック

コンプ High :開放から8クリック〜10クリック

突き出し量 : 20mm〜25mm (2012と2013モデルが混じっています。)

硬いサスペンションとは、バネレートではなくダンパーの設定が硬いということが証明された設定だと思います。


全閉から何クリック戻しが理想だとは思いますが、その条件ではデータを集めることが困難になります。

後半戦、FOX勢の巻き返しに乞うご期待。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すみません初心者なんですが、よければ教えて下さい。
突き出し量の基準がわかりません。

突き出し量0mmと言うと、ロアクラウンの位置がインナーチューブ上端から176.4mnの位置にある状態ですか?
それとも、アッパークラウンとインナーチューブの上端がツラになった状態の事ですか?
もしくは、フレームのジオメトリーにある推奨肩下長に合わせますか?

ダブルクラウンは初めてなんですが、ロアクラウン(肩下長)基準でなく、文字通り「アッパーから突き出した量」を基準にするというのは、なんとなく違和感を感じます。

何処を基準にして出す出さないをしていいのか、よくわかりません…

無知で恥ずかしいんですが、真相はどういう意味なんでしょうか?
また、スタートはどこから始めたらいいんでしょう?
40ビギナー
2012/10/14 01:54
40ビギナーさん、こんにちは。

一番簡単・正確に計測しやすいが突出し量となるため、これを使用しています。
アッパークラウンとインナーチューブの上端が面一(ツライチ)になった状態を突出し量が0の状態としています。

>フレームのジオメトリーにある推奨肩下長に合わせますか
突出し量をご理解頂ければ、これは違う話になると思います。

>なんとなく違和感を覚えます。
正しい感性だと思います。肩下の基準値は571.2mm。
短いヘッドチューブであれば面一の状態は基準値よりも大きくなりますから。
しかし現実的には各メーカーのヘッドチューブの長さはサイズによって、ある程度の範囲におさまってきているため、突き出し量を使用しています。(また突き出し量はレンジで示してあります。)SサイズとMサイズが主流の日本ではほぼ問題のない数値になっていると思います。
またある程度調整ができていることを前提に継続的に数値管理をしやすい数値として突出し量を使用しています。
肩下にメーカーの推奨値がある製品であれば、それに合わせた状態で突き出し量がいくつなのかを計測、その位置から自分の乗りやすい突き出し量に調節して再度計測を行います。多分、その計測した数値は上記の範囲におさまると思います。それをご自身で確認なされば、違和感を解消することができると思います。
大島
2012/10/15 18:02
回答ありがとうごさいます。

自分の場合フレームの推奨肩下が570で、ヘッド長は120mm。
それに合わせると突き出し量は35mm程になります。
ここから試してみたいと思います。

大変勉強になりました。
ありがとうございました。
40ビギナー
2012/10/16 03:05
40ビギナーさん、こんにちは。

こちらこそ、ありがとうございます。
570mmで突き出し量が35mm、興味深い数値ですが、メーカー推奨値でボトム付近での干渉が起きなければ、35mmで大丈夫だと思います。
今後とも。宜しくお願い致します。
大島
2012/10/16 22:26
DHのセッティング(ドライコンディション) 最新版 ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる