DHのセッティング(ドライコンディション) 最新版 補足

昨日お伝えしたデータについては正しいサグ値の設定が前提となります。

サグが少ない硬めのスプリングを使用している状態で、お知らせした数値に設定すると、体に厳しく、何処へいくのかわからないピーキーなバイクになります。

以前にもお話しましたが、重量のある自動車の場合、サスペンションの性能を100%発揮させるため、ボディに対してスポット溶接の箇所を増やしたり、サスペンションがマウントされている部分の剛性を上げるためのパーツやスタビライザーを追加したりします。

MTBの場合、マウント部の剛性も重要なのですが、コンプレッション側減衰を強く設定をした場合、コンプレッションが発生している間、上方に跳ね上げられないようにするために車体を押さえつける必要性が出てきます。
(もちろん弾かれたりしないようハンドルを保持するための力も必要となります。これをサポートしてくれる部品がステアリングダンパーです。)

リアは荷重がかけやすいため、比較的大丈夫なのですが、フロンサスペンショントはそうは行きません。
シビアな話になりますが、あなたがスタビライザーになる必要があります。
“スタビライザー”の性能は背筋・大胸筋・上腕二頭筋のパフォーマンスと体幹の強さに左右されます。

昔はXC系のトレーニングで持久力を足していくことによって上位を保つことができましたが、現在は更にセッティング能力と“スタビライザー”の強さが必要不可欠となっています。

毎日会社帰りに、富士見をイメージしながら筋トレ。
スローで進入してしまっても大岩で前潰れになることはありません。

セッティングのフローとしては、
押さえつけることのできる限界までフロントの高速側コンプレッションを強くし、それに合わせてコントロールしやすいようリアの高速側コンプレッションを調節、設定することになります。