ヒントになれば幸いです。(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS DH用セッティングのケーススタディ

<<   作成日時 : 2013/03/18 16:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

ダウンヒルバイクは少しリアが柔らかく感じ、シングルトラックや細かいセクションでバイクが少しまったり感じました。また自らギャップなどでホッピングなどアクションを起こしたい時にも少しバイクの遅れを感じます。

あるサポートライダーの感想です。
今日はこれを使ってケーススタディを行ってみましょう。

設定状態は

フロント:40RC2(推奨サグ 約30mm〜51mm)
サグ29mm   
・ハイスピードコンプ11ノッチ
・ロウスピードコンプ5ノッチ
・リバウンド6ノッチ

リアユニット:DHX RC4
軸間距離9.50 ダンパーストローク3インチ( 推奨サグ 25.4mm ) バネレート350 
サグ30.7mm
・ボトムアウト3/4回転
・ハイスピードコンプ2回転
・ロウスピードコンプ1回転
・リバウンド8ノッチ
・ブースト圧 145psi

プリロードの表記はありませんが、よく見かけるタイプの設定。
アウトラインは悪くない設定なのですが、如何せんリバウンド側減衰設定が強すぎます。

一番に改善しなければならない点はリアのサグ量。
セッティングを行う上での基準点となる正しいサグを得るためには、スプリングの交換が必要です。
バネレートが350lbs/inch 
現在のサグの量が30.7mm
推奨サグが25.4mmですから、
350×30.7÷25.4=約423
正しいサグ値を得るためには切り上げをして450lbs/inchのスプリングを使用します。
想定される大体のサグは
350×30.7÷450=約23.9mmとなります。

リアが硬くなれば、フロントの沈み込み量が増えます。
距離(サグの量、正確には時間)×力(リバウンド側減衰)の理想値は一定ですから、沈み込み量が多くなれば、リバウンド側の設定を弱くすることができます。

スプリングによってダンパーシャフトがストロークします。
スプリングが元の長さに戻ろうとする時のスピードを抑える仕事がリバウンド側減衰の役目。
サスを抑え込み、その反発力を利用したい時に、ライダーの期待する速さよりも遅い場合は鈍重な印象を受けることになります。ほとんどの場合、過剰なリバウンド側減衰設定が原因です。
スプリングレートが低い場合も十分な反発力は得られません。
またプリロードが足りない場合にもスプリングの動きに対してモッタリとした印象を受けることがあります。

今回の場合、一番に行わなければならない改善点はリアスプリングを交換して適正サグ値を得ること。
迷った時、いつでも戻ることができる基準点が適正なサグ値。
これを正しく設定しないことには、何が原因となっているのかを切り分けることが困難になるため、正しいセッティングを始めることはできません。

スプリングを交換した後、ライダーさんの印象がどう変わるのか。
報告があり次第、次回分を掲載いたします。


追記: ライダーさんからの報告。

感触はすごく良く進み、コントロール感に軽快さが出ました。また中間の動きも不安定なコーナーで粘り感がすごく強くなりました。
そして前回350で乗っていた時にブレーキングギャップで硬さを感じていたセクションも、400にしてから奥の硬さも取れ、失速感が軽減されました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
大島さん>

ご無沙汰しています。

基本的な質問をさせてください。
既出であれば、申し訳ないのですが、そのリンクをご教授ください。

フロントサスペンションは、どのMTBフレームに付けてもサグ値はサスペンション指定の数値で良いと思います(間違いでしたらご指摘ください)。

リアサスペンションの場合は、どうなのでしょうか?
どのMTBフレームに付けても、ユニットが持つ推奨サグ値が基準になりますか?
それとも、取り付けるフレームによって、同じユニットを使っても、推奨値は異なりますか?

また、リアユニットのサグ値は、シャフトの沈み込み量(例えばバンプラバーの移動量)で測ればよろしいでしょうか?

モトクロスレーサーなどは、サブフレームにあるシート止めボルト中心からリアハブボルト中心の距離で計る、などあるのでどうも混同してしまいます。

たいへんご面倒ですが、どうかお教えください。
よろしくお願いします。
やかん
2013/03/18 17:52
やかんさん、こんにちは。

御無沙汰です。
フロントサスペンションは間違いありません。
リアショックも基本はユニットが持つ推奨サグ値となります。
簡単に計測できるのなら、全ての乗り物シャフトの沈み込み量が基準になります。モーターサイクルなどはスプリングが邪魔をするため、軸間距離を基準にそれぞれのメーカーさんが測りやすい位置での測定を推奨しているようです。
以上、宜しくお願いいたします。

またお暇な時にでもお電話ください。
大島
2013/03/18 18:23
大島さんこんばんわ。
この記事の続きを探しているのですがなかなか見つける事ができません。可能でしたらリンクを貼っていただけないでしょうか。
記事の内容と同じように、リアの戻りに不満を感じています。サグは20%、リバウンド全開ですので、プリロードで解決すれば良いのですが。
先日はフォークとユニットのオーバーホールでお世話になりました。ストロークの滑らかさにびっくりしました。
とびお
2014/05/17 23:47
とびおさん、こんにちは。

ありがとうございます。

複数のライダーさんのケアをしているため、次の記事をアップし損ねたようです。メールをコピペしておきます。

感触はすごく良く進み、コントロール感に軽快さが出ました。また中間の動きも不安定なコーナーで粘り感がすごく強くなりました。
そして前回350で乗っていた時にブレーキングギャップで硬さを感じていたセクションも、400にしてから奥の硬さも取れ、失速感が軽減されました。

プリロードでいけると思います。
大島
2014/05/18 18:48
大島さんこんばんわ。
プリロード2回転→1回転、リバウンド全開放→全開から4ノッチに変更しました。
リアが遅れてくる感覚が消え、反応良くなりました。前に出てくるようになり、タイヤが滑りやすくなりました。
またしばらく楽しめそうです、どうもありがとうございました。
とびお
2014/05/19 22:04
とびおさん、こんにちは。

>しばらく楽しめそう
嬉しく思います。
今後とも宜しくお願い致します。
大島
2014/05/20 21:08
DH用セッティングのケーススタディ ヒントになれば幸いです。(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる